ソラコム、未来創生ファンドより資金調達を実施、トヨタとKDDIによるグローバル通信プラットフォームへの活用検証を推進

株式会社ソラコムは、スパークス・グループ株式会社が昨年設立した「未来創生ファンド」から、7億円の資金調達を実施したことを発表した。

シリーズBの資金調達は、先に発表したWorld Innovation Lab(WiL)、Infinity Venture Partners、三井物産株式会社、Pavilion Capital PTE. LTD. などから、総額約30億円の資金調達となった。

 

今回の資金調達に合わせ、ソラコムは未来創生ファンドに出資をしているトヨタ自動車株式会社とのパートナーシップを構築していく。トヨタとKDDI株式会社が推進するコネクティッドカー向けグローバル通信プラットフォームへの「SORACOM」のサービス提供について、協議を進めていくという。

なお、本年度から、グローバルの一部地域において、「SORACOM」の提供サービスを用いた技術検証を予定している。

 

※未来創生ファンドについて:
未来創生ファンドはスパークス・グループ株式会社を運営者とし、トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友銀行を加えた3社の出資で、2015年11月より運用を開始した。「知能化技術」「ロボティクス」「水素社会実現に資する技術」を中核技術と位置づけ、それらの分野の革新技術を持つ企業、またはプロジェクトを対象に投資を行う。

 

【関連リンク】
ソラコム(SORACOM)
スパークス(SPARX)
WiL(World Innovation Lab)
インフィニティ・ベンチャー・パートナーズ(Infinity Venture Partners)
三井物産(MITSUI)
トヨタ(TOYOTA)
ケイディーディーアイ(KDDI)
三井住友銀行(SMBC)

Previous

日本Microsoftの2017年度戦略。AI・クラウド・IoTに注力

カラフル・ボード、人工知能「SENSY」を活用した「あなたの洋服」×「お店の洋服」をコーディネートできる新サービス「SENSY CLOSET」提供開始

Next