週間人気記事ランキング!Amazon Launchpad、スマート工場など [1/16~1/22]

企業:

「忙しくてなかなか全ての情報を追えない」という方のために、IoTNEWSでPVの高かった記事を週間ランキング(1/16~1/22)として紹介する。

1位 2017年 IoT関連 展示会・イベント一覧

毎年アップデートしている「IoT関連 展示会・イベント一覧」の2017年版を公開した。国内・海外の主要な展示会を掲載している。ぜひ都合を合わせて様々な展示会へ足を運んでみてほしい。
記事はこちらから

2位 Amazon、スタートアップの製品が購入できる「Amazon Launchpad」を日本で提供開始

Amazon内の特設ストア「Amazon Launchpadストア」で、スタートアップによる製品を国内外の数多くのAmazonの顧客に紹介するとともに、スタートアップにマーケティングおよびセールスサポート、配送サービスを提供するプログラムを開始した。

ウェアラブルデバイス、スマートホーム、知育・学習玩具など250を超える革新的な製品を取り扱っている。既にMAMORIO、BONX、VIE STYLE、KAMARQなど15社以上の日本のスタートアップが参加している。
詳細はこちら

3位 ありものをうまく活用したスマートファクトリー スマート工場EXPOレポート

先週開催された「第1回 スマート工場EXPO」のレポートがランクイン。インターネットカメラを最大8つまでつないで課題発生を検知するリコーの「オールラインレコグナイザー」、パトランプを活用した機器の稼動状態を把握する、B-EN-Gの「MC Signal Chain」を紹介している。
詳細はこちら

4位 工場IoT化に向け、無線通信技術を稼働中の大手工場で検証

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、オムロン株式会社、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、日本電気株式会社(NEC)、日本電気通信システム株式会社(NEC通信システム)、富士通株式会社、富士通関西中部ネットテック株式会社(富士通KCN)、サンリツオートメイション株式会社(サンリツ)及び村田機械株式会社(村田機械)は、製造現場でIoT化を推進するため、業界の垣根を越えて、複数の稼働中の工場で、無線通信技術の基礎評価及び検証を行ってきた。その成果が発表された記事だ。
詳細はこちら

5位 機械学習とディープラーニングとは その1

2016年1月に公開された記事だが、2017年になっても長らく読まれている記事だ。「機械学習」という言葉はここ数年メディアで盛んに取り上げられているキーワードだが、なんとなくの理解でとどまっている人はぜひ読んでみてほしい。
詳細はこちら

6位 構造計画研究所、Wi-Fi型スマートロック「RemoteLock」日本で販売開始

株式会社構造計画研究所が、LockState社が開発したWi-Fi型スマートロック「RemoteLock」の日本市場での販売を開始したという記事が6位にランクイン。

スマートロックと言えば、スマートフォンと連携しBluetoothで開けるデバイスが主流だったが、RemoteLockは鍵の受け渡しがクラウドで完結できる。
詳細はこちら

7位 現場目線でIoTを実現するファナックの「FIELD system」 スマート工場EXPOレポート

7位は、ファナックが主導するオープンプラットフォーム「FIELD system」のレポート記事。FIELD SYSTEM概要、FIELD systemの諸機能について紹介している。
詳細はこちら

8位 「第1回スマート工場EXPO」開催せまる!1/18~20日 東京ビッグサイト[PR]

「第1回スマート工場EXPO」のPR記事。IoTNEWSではPR記事も非常に読まれる傾向にあります。展示会・イベント開催時はぜひIoTNEWSでの広告掲載をご検討ください!(PR)
詳細はこちら

9位 IoTで年間修繕費用の20%を削減 スマート工場EXPOレポート

こちらも「第1回スマート工場EXPO」のレポート記事。シーメンスのデジタルツインの活用と、FAプロダクツの振動センサーまで取り込んだソリューションについて紹介している。FAプロダクツの事例では、具体的にドライポンプの事例が紹介され、約6,000万円かかっていた年間修繕費用の20%の削減を実現できたという。
詳細はこちら

10位 【定点観測】コネクテッドカーが動きだした!欧州とアメリカの政策事情[海外事情]

10位にランキングしたのは、コネクテッドカー(自動運転車)について、欧州とアメリカの政策事情にまとめたレポート記事。コネクテッドカーに限らず、IoTNEWSでは様々な切り口でIoTを定点観測していく予定だ。
詳細はこちら

Previous

NTTコミュニケーションズ、AIによる翻訳を実現する「業界特化型AI翻訳プラットフォームサービス」β版の提供開始

マイクロソフト、AIによる変革の可能性を発表

Next