Amazon、スタートアップの製品が購入できる「Amazon Launchpad」を日本で提供開始

総合オンラインストアAmazon.co.jp (以下、Amazon)は、本日1月18日、グローバルプログラム「Amazon Launchpad」の提供を日本で開始すると発表した。このプログラムでは、特設ストア「Amazon Launchpadストア」で、スタートアップによる製品を国内外の数多くのAmazonの顧客に紹介するとともに、スタートアップにマーケティングおよびセールスサポート、配送サービスを提供するという。

「Amazon Launchpad」は、100社以上のベンチャーキャピタル、クラウドファンディング、アクセラレーター、インキュベーターと世界各国で協力し、対象スタートアップを募集している。日本では、一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)や、クラウドファンディングのMakuake、シードアクセラレーターのABBALabと共に活動している。

さらに、「Amazon Launchpad」は、ユニークでカスタマイズされた商品詳細ページ、露出機会を拡大するマーケティング施策、世界各国のAmazonの顧客への訴求機会および各国での配送ネットワークをスタートアップに提供している。今回、「Amazon Launchpad」が日本で提供開始されることにより、日本のスタートアップは新製品発売に伴う多くの課題を解決できるようになります。

プログラムの提供開始に加え、本日オープンした「Amazon Launchpadストア」では、ウェアラブルデバイス、スマートホーム、知育・学習玩具など250を超える革新的な製品を取り扱っている。既にMAMORIO、BONX、VIE STYLE、KAMARQなど15社以上の日本のスタートアップが参加している。

【関連リンク】
アマゾン(Amazon)
Amazon Launchpadストア
日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)
Makuake(マクアケ)
アバラボ(ABBALab)

Previous

テキサス・インスツルメンツ(TI)、クワッドコプターや産業用ドローンの飛行時間と電池動作時間を延長する新型テクノロジを発表

ジェイアイエヌ、「JINS MEME」を活用して企業の生産性向上をサポートする「JINS MEME BUSINESS SOLUTIONS」を展開

Next