ドコモ、KDDI、AT&T、Huaweiら22社、5G標準仕様の早期策定に関する共同提案に合意

AT&T、British Telecom、Deutsche Telekom、Ericsson、Etisalat Group、Huawei、Intel、KDDI株式会社、Korea Telecom、LG Electronics、LG Uplus、株式会社NTTドコモ、Qualcomm Technologies,Inc、SK Telecom、Sprint、Swisscom、Telia Company、Telstra、TIM、Vivo、Vodafone、ZTEの22社は、5G標準仕様(NR※1 )の早期策定に関する共同提案に2017年2月26日に合意した。

各社は、5Gの技術開発において、具体的サービスを見据えた検討を進めるとともに、世界のさまざまな企業や研究機関と標準化活動で協力することで、早ければ2019年の大規模トライアルの実施または商用展開に向けて標準仕様を策定できるよう取り組みを推進していくという。

※1 5Gの要求条件を満たすために、3GPPで新たに規定される無線方式。

【関連リンク】
NTTドコモ(NTT docomo)
AT&T
BT Group
Deutsche Telekom
エリクソン(Ericsson)
ファーウェイ(Huawei/華為技術)
インテル(Intel)
ケイディーディーアイ(KDDI)
ケイティ(KT/케이티)
LGエレクトロニクス(LG Electronics)
LGユープラス(LG Uplus)
クアルコム テクノロジーズ(Qualcomm Technologies)
SKテレコム(SK telecom/SK텔레콤)
スイスコム(Swisscom)
ヴィーヴォ(Vivo)
ボーダフォン(Vodafone)

Previous

KDDI、センサス、ミライト・テクノロジーズ、IoTを活用した山間部での遠隔水道検針で技術協力

京セラ、IoTネットワーク「SIGFOX」のサービス提供を開始

Next