KDDIとセコム、5GのアップリンクでマルチユーザMIMOでの映像伝送に成功

KDDI株式会社は、セコム株式会社と共同で実施していた、次世代移動システム「5G」を利用したIoT時代における高度なセキュリティシステムの実証実験において、マルチユーザMIMO (注) による複数の5G端末から映像を伝送することに成功した。

この実証実験では、高速・大容量、低遅延、多接続が可能となる5Gを活用して、KDDI新宿ビル周辺に構築した28GHz帯の実験システムを用いて、移動中の5G車両端末からの4K映像およびウェアラブルカメラからの監視映像を、同一の5G基地局を介してマルチユーザMIMOにより同時にアップリンク伝送できることを確認したという。

両社は今後もより安心安全な社会の実現に向けて、5Gの特長を活かした新たなサービスの創出を推進していくとしている。

注:基地局の複数のアンテナを活用して、複数のユーザーが同時に高速・大容量なデータ送受信を行えるようにする技術。

【関連リンク】
ケイディーディーアイ(KDDI)
セコム(SECOM)

Previous

ドバイ市、警察ロボットを導入

KDDIとNHK、5G技術を用いた移動車両から8K映像のリアルタイム伝送に成功

Next