インテル、デンソー、トヨタら、自動車ビッグデータ向けネットワーク基盤とコンピューティング基盤のためのコンソーシアムを創設

インテル コーポレーション、エリクソン、株式会社デンソー、トヨタ自動車株式会社、株式会社トヨタIT開発センター、日本電信電話株式会社、株式会社NTTドコモは、Automotive Edge Computing Consortium(オートモーティブ・エッジ・コンピューティング・コンソーシアム)の創設に向けた活動を開始する。

このコンソーシアムでは、インテリジェントな車両制御、リアルタイムデータを用いた地図生成、クラウド・コンピューティングによる運転支援など、今後、コネクティッドカーの実現に向け必要となる様々なサービスを支える基盤づくりを推進する。

コネクティッドカーとクラウド・コンピューティングの間で送受信される1ヶ月あたりのデータ量は、2025年には現在の約1万倍にあたる10エクサバイトに達すると予想されている。この予想は、将来、分散型のネットワークや、膨大なデータ処理が可能な大容量の計算リソースやストレージを持つ新しいシステムアーキテクチャが必要となることを意味する。またこれらのアーキテクチャは、地域とグローバルでの連携が必要となるため、国際的な基準への対応が求められる。

この状況を踏まえ、本コンソーシアムでは、エッジ・コンピューティングや、より効率的なネットワーク構成技術などを活用することで、自動車とクラウド間のビッグデータの大容量通信と計算処理に重点的に取り組む。また、主に自動車への搭載を想定した、モバイル機器の新しいユースケースの開発とその要件の定義を行い、関連する標準化団体、業界コンソーシアム、ソリューションプロバイダとの連携に活用していく。さらに、最も効率的な分散・階層型コンピューティングの研究を推進していく。

上記の創設メンバーは、今後数ヶ月間にわたって、グローバルに参加企業、研究機関を募りながら、本コンソーシアムを拡大していくという。

Previous

KDDI、富士登山をサポートするIoTを活用した実証実験

デンソー、24GHz帯の準ミリ波レーダーを開発

Next