ABEJAのマーケティングディレクターに元AWSの小島英揮氏が就任

株式会社ABEJAは、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社(以下、AWS)の元マーケティング本部長であり、クラウドコミュニティ「JAWS-UG」の創始者である小島英揮氏が、2017年9月1日付でABEJAのマーケティングディレクターに就任したと発表した。

小島氏はAWSにおいてマーケティングを統括し、同社が提供するクラウドコンピューティング利用者を対象としたコミュニティ「JAWS-UG」を創設するなど、マーケティング分野で数々の功績を残している。今回、マーケティングディレクターとしてこれまでの豊富な経験と幅広い見識を活かし、ABEJAのマーケティング戦略の策定と実行の統率が期待されての人事だ。

ABEJAは、2017年冬にリリース予定である「ABEJA Platform Open」を軸としたPartner Ecosystemの強固なコミュニティ形成に向けても小島氏の活躍に大きな期待を寄せている。

<小島 英揮(おじま ひでき)氏 略歴 >

明治大学卒業後、電子フォーム/XML関連ソフトでのマーケティング責任者やアドビシステムズでのPDF、RIAのエンタープライズ、デベロッパーマーケティングなど、ITのマーケティング職に従事。AWSではマーケティング本部長を務め、クラウドコンピューティングを利用する人々のコミュニティであるJAWS-UG(Japan AWS User Group)を創設した。2016年8月末にAWSを退職し、現在は複数の会社と協業し、パラレルマーケター/エバンジェリストとして活躍。

【関連リンク】
ABEJA Platform Open
アベジャ(ABEJA)
アマゾン ウェブ サービス(AWS)

Previous

ZMP、研究開発用移動台車プラットフォーム「POWER WHEEL II」の受注を開始

DNPなどの企業連合SSFC、「働き方改革」の推進に向けセキュアな共有仕様を策定するワーキンググループを発足

Next