モビリティ・シェアリングのHa:mo RIDE(ハーモライド) ー東京モーターショー2015

東京モーターショー内の「SMART MOBILITY CITY 2015」は、企業・団体の出展ブースと主催者による駅や研究所などの展示で、都市と車と人々の関わりをリアルに体験できるエリアだった。

そのエリア内でのトヨタブースでは、乗りたいときにちょこっと乗るモビリティ・シェアリングのHa:mo RIDE(ハーモライド)の展示があった。

 

 

沖縄県本部(もとぶ)半島で、超小型EV「COMS(コムス)」を利用した観光サービス「ちゅらま­ーい Ha:mo」の実証実験を2016年1月中旬から2016年12月までの約1年間実施­するという。

使い方は非常に簡単で、COMSのフロントガラス上部にあるカードリーダーにICカードをタッチするとキーロックが解除される。登録されている周遊ルートからお好みのルートを選び、案内開始をタップ。乗っている時には、周遊ルート沿いの観光スポットがタブレットに表示される。

COMSのフロントガラス上部にあるカードリーダー
COMSのフロントガラス上部にあるカードリーダー

沖縄では、ホテル発のレンタカーのような位置づけなので、カードキーでの利用をする流れとなっているが、今後都市での利用を想定して、スマートフォン上のアプリで利用予約を実施、クルマにはスマートフォンをかざすだけで利用開始可能という流れを想定しているということだ。

TOYOTAのHa:mo

 

東京モーターショー2015での各社のIoTの取り組み
[第11回]クルマの未来はどうなるのか?東京モーターショー2015
東京モーターショー、SUBARUが考える「つながる車」
東京モーターショー メルセデス・ベンツ 世界初公開「Vision Tokyo」
東京モーターショー 自動で縦列駐車が可能なBMW i3
東京モーターショー 日産のコンセプトカー「NISSAN IDS」
モビリティ・シェアリングのHa:mo RIDE(ハーモライド) ー東京モーターショー2015
TOYOTAが考える自動運転 ー東京モーターショー2015
自動運転を支えるボッシュのセンサー 東京モーターショー

Previous

AWS IoT Thing ShadowでLEDをつけてみた

TOYOTAが考える自動運転 ー東京モーターショー2015

Next