人工知能(AI)

AI(人工知能)とは

単純なアルゴリズムで解決しないようなあいまいな問題を解決するために、機械学習やディープラーニングといわれる手法が話題になっている。あくまでも問題解決の手法の一つであることから、万能ではなく、向き不向きがある手法ではあるが、画像や音声認識など様々な分野での活用が見込まれる、AIについてここでは紹介する。

人工知能(AI)とは

人工知能(AI)は、これまでの単純なアルゴリズムでは判断できなかったようなことを、判断する際に使われる。

例えば、画像AIに代表される、ディープラーニングは、画像データからその画像が何であるかを見分けることができる。

また、分類、回帰、異常検知、ニューラルネットワークなど、様々な数式を用いて行う機械学習もある。

AIとは、もともと脳の仕組みを数式に置き換えるための研究であり、現状産業界でAIと呼ばれている数式意外にもたくさんの研究成果があるため、今後の用途に応じた発展が期待されている。

記事一覧

Hmcommと岡本工業、AI異音検知プラットフォームを応用した「多軸自動盤におけるドリル折損検知」システムの開発を開始

Hmcommと岡本工業、AI異音検知プラットフォームを応用した「多軸自動盤におけるドリル折損検知」システムの開発を開始

これまで岡本工業株式会社では、精密金属加工事業で使用する多軸自動旋盤機のドリル破損について、振動検知や画像検出などの複数の取り組みで解決しようとしていたが、期待通りの効果が発揮されなかった。 Hmcomm株式会社と岡本工 … Read more

OKI、移動体の周囲360°を遠隔監視できるリアルタイムリモートモニタリングシステム「フライングビュー」を販売開始

OKI、移動体の周囲360°を遠隔監視できるリアルタイムリモートモニタリングシステム「フライングビュー」を販売開始

近年、さまざまな現場で車両・船舶・ロボットなどの無人運用が進み、事故防止およびトラブル発生時の迅速・適切な対応のため、遠隔からのオペレーターによる監視と、これを補完するAIによるサポートが、高度遠隔運用サービスとして期待 … Read more

オリックスと東京大学、トラッキングシステムとAIを用いた再生可能エネルギーによる発電量の需給予測モデルの実証実験を開始

オリックスと東京大学、トラッキングシステムとAIを用いた再生可能エネルギーによる発電量の需給予測モデルの実証実験を開始

オリックス株式会社と国立大学法人東京大学大学院工学系研究科(以下、東京大学)は、2019年9月よりブロックチェーン技術を活用した、電力の供給から消費に至るまでの履歴を証明するトラッキングシステムについて研究を進めている。 … Read more