人工知能(AI)

AI(人工知能)とは

単純なアルゴリズムで解決しないようなあいまいな問題を解決するために、機械学習やディープラーニングといわれる手法が話題になっている。あくまでも問題解決の手法の一つであることから、万能ではなく、向き不向きがある手法ではあるが、画像や音声認識など様々な分野での活用が見込まれる、AIについてここでは紹介する。

人工知能(AI)とは

人工知能(AI)は、これまでの単純なアルゴリズムでは判断できなかったようなことを、判断する際に使われる。

例えば、画像AIに代表される、ディープラーニングは、画像データからその画像が何であるかを見分けることができる。

また、分類、回帰、異常検知、ニューラルネットワークなど、様々な数式を用いて行う機械学習もある。

AIとは、もともと脳の仕組みを数式に置き換えるための研究であり、現状産業界でAIと呼ばれている数式意外にもたくさんの研究成果があるため、今後の用途に応じた発展が期待されている。

解説動画

ほぼ毎日更新!知っておくと役に立つ基礎知識や記事の深堀解説を動画で。Youtubeのチャンネル登録はこちらから。

記事一覧

NSW、無線通信技術と電子ペーパーを活用して店舗づくりをサポートする「電子棚札ソリューション」を販売開始

NSW、無線通信技術と電子ペーパーを活用して店舗づくりをサポートする「電子棚札ソリューション」を販売開始

ITソリューションプロバイダの日本システムウエア株式会社(以下、NSW)は、流通・小売事業者向けに無線通信技術と電子ペーパーを活用した「電子棚札ソリューション」を販売開始した。 同ソリューションは、既存の値札を電子棚札に … Read more

エクサウィザーズとシチズン時計、ユーザーに合ったシチズン腕時計をレコメンドする「AIウオッチレコメンド」サービスを提供開始

エクサウィザーズとシチズン時計、ユーザーに合ったシチズン腕時計をレコメンドする「AIウオッチレコメンド」サービスを提供開始

株式会社エクサウィザーズとシチズン時計株式会社は共同で「AIウオッチレコメンド」サービスを開発し、提供開始した。 同サービスは、「ピッタリの腕時計が見つかる」オンライン接客をコンセプトにしており、専用サイトにアクセスして … Read more

新組織の設立と3つの戦略を発表ーパナソニック「現場センシングソリューション 事業戦略発表会」オンライン会見レポート

新組織の設立と3つの戦略を発表 ーパナソニック「現場センシングソリューション 事業戦略発表会」オンライン会見レポート

2020年7月2日に、パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社(以下、コネクティッドソリューションズ社)とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社は「現場センシングソリューション 事業戦略発表 … Read more

NEC、感染症対策ソリューション.

NEC、生体認証・映像分析技術とサーマルカメラを組み合わせた感染症対策ソリューションを販売開始

日本電気株式会社(以下、NEC)は、生体認証・映像分析技術とサーマルカメラを組み合わせた、新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染症対策ソリューションの販売を開始する。 顔認証技術ならびに、施設の混雑度を見える化する映 … Read more

FRONTEOとAGC、熟練技術者の知見を引き出すことができるAI Q&Aシステム「匠KIBIT」を開発

AGCとFRONTEO、熟練技術者の知見を引き出すことができるAI Q&Aシステム「匠KIBIT」を開発

ガラス製造は、溶解・成形・加工などの複数の技術が組み合わされており、操業には独自の技術力が必要だ。AGC株式会社では、技術力が他社との差別化に繋がっている一方で、各工場が蓄積したノウハウの共有や、熟練技術者から若手技術者 … Read more

オルツ・オルツテクノロジーズ・NSW、AIを活用した感染症拡大防止ソリューションを提供開始

オルツ・オルツテクノロジーズ・NSW、AIを活用した感染症拡大防止ソリューションを提供開始

新型コロナウイルス感染症をきっかけに、企業は急激な社会環境の変化に対応するだけでなく、withコロナ時代に向けた早期の取り組みも求められている。 株式会社オルツと株式会社オルツテクノロジーズ、日本システムウエア株式会社( … Read more

オムロン、製造業の外観検査のための欠陥抽出AI搭載画像処理システム「FHシリーズ」を発売開始

オムロン、製造業の外観検査のための欠陥抽出AI搭載画像処理システム「FHシリーズ」を発売

近年、熟練技能者の不足や人件費の高騰が深刻化する中、製造業では、人の経験や感覚を必須としている搬送、組立、検査工程などの自動化が急務となっている。 特に製品の外観検査においては、傷の判別や欠陥品の判定など、経験豊富な熟練 … Read more

都築電気とイシダ、「AIによる部分肉認識システム」に関する発明を共同出願

都築電気とイシダ、「AIによる部分肉認識システム」に関する発明を共同出願

食肉加工業界では、少子高齢化に伴った人材不足、後継者不足が課題となっている。また、食肉の加工には高い専門性が求められ、職人の育成には時間がかかってしまう。 情報システム等の開発を手掛ける都築電気株式会社と、業務用の計量包 … Read more