内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

要素技術

要素技術

IoTにおけるプラットフォームと要素技術

IoTにおけるプラットフォームとは、クラウド側の技術とデバイス側の技術に大きく分かれる。

デバイス側については、CPUなどのICモジュールや、そこに搭載されるOSなど、スマートフォンの普及からチップの小型化、省電力化、コスト低下が進む中で様々なモノに頭脳を搭載することができるようになった。

また、クラウドとデバイスをつなぐ、通信モジュールは、4G, 5Gといった馴染みの深い通信だけでなく、小データを定期的に送信することに特化したLPWAなどの通信に関しても含まれる。

通信モジュールも小型化・省電力化と、様々な通信形式への対応が進んでおり、今後様々なセンサーが取得するデータを発信するために必須とされその発展が期待されている。

記事一覧

三菱電機、「高性能センサーデータベース」を開発

三菱電機、「高性能センサーデータベース」を開発

三菱電機株式会社は、IoT時代のシステムを支える基盤として、センサーから得られた大量のデータを高速に蓄積・検索・集計する「高性能センサーデータベース」を開発した。 道路や鉄道など社会インフラの維持管理、工場やプラントの稼 … Read more

東大、省電力性能高いキャッシュメモリを実現するノーマリーオフ技術を開発。従来比で消費電力10分の1以下を達成。

東大、省電力性能高いキャッシュメモリを実現するノーマリーオフ技術を開発。従来比で消費電力10分の1以下を達成。

【概要】 ■高い省電力性能を有するキャッシュメモリを不揮発性メモリで実現するためのノーマリーオフ技術を開発。 ■不揮発性メモリをキャッシュメモリとして高速に動作させる場合にはメモリ制御回路部の消費電力が大きくなる。メモリ … Read more