スマートシティ

スマートシティー

スマートシティとは

スマートシティー(Smart City)とは、IoTやAIを活用して街全体を効率化したり、生活しやすくしたりするものだ。 エネルギーの効率化や、交通網の効率化、都市の利便性向上など、海外からの訪問者や、国内の生活者、みんなの生活を便利に豊かにしていく。 昨今、MaaS(Mobility as a Service)やシェアリングエコノミーの話題が多く、新しい技術を取り込むことが街のスマート化だと考える節もあるが、決してデジタル技術だけで街をスマートにすることはできない。 例えば、過疎地に自動運転のクルマを走らせても、過疎の問題は解決せず、人口がそれなりに密集しなければ、公共サービスもままならなくなる。 そこで、ある程度の単位で街に人を集め、農地や工場など仕事がある場所に通うのに、エネルギーを極小化するためにシェアリングサービスやMaaSを利用するといった、根本的な考え方も重要だ。 技術面からだけのアプローチでなく、サステナビリティへの配慮を十分することが必要になる。

基本と事例

スマートシティの基本と事例を紹介します。

記事一覧

スマートコミュニティ事業運営組織「F-グリッド宮城・大衡有限責任事業組合(LLP)」非常時地域送電システムを運用開始 ~合わせて、地元自治体、インフラ企業と共に非常時訓練を実施~

スマートコミュニティ事業運営組織「F-グリッド宮城・大衡有限責任事業組合(LLP)」非常時地域送電システムを運用開始 ~合わせて、地元自治体、インフラ企業と共に非常時訓練を実施~

F-グリッド宮城・大衡有限責任事業組合(以下 LLP : Limited Liability Partnership、組合代表 : トヨタ自動車株式会社)は、国の補助事業である「スマートコミュニティ導入促進事業」の採択を … Read more

ゼンリンデータコムの「混雑統計(R)」事業のIoTサービスに、BIGLOBEが参画 ~「はたらく車プロジェクト」で約500台の公用車・業務車両をIoT化~

ゼンリンデータコムの「混雑統計(R)」事業のIoTサービスに、BIGLOBEが参画 ~「はたらく車プロジェクト」で約500台の公用車・業務車両をIoT化~

株式会社ゼンリンデータコムが展開する「混雑統計(R)」のIoT(Internet of Things)サービスに、ネットワークパートナーとしてビッグローブ株式会社が参画する。 第一弾として、国立研究開発法人情報通信研究機 … Read more