IoT人気記事ランキング|NECが少量の収集データで活用可能な機械学習技術を開発、など[7/9-7/15]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 NEC、少量の収集データで活用可能な機械学習技術を開発

NECは、機械学習技術で必要とされる大量のデータが得られない状況でも活用可能な、複数の機械学習技術を開発した。
詳細はこちら

2位 東芝のマイスターシリーズに見る、スマートファクトリーの要点 -設計・製造ソリューション展2018レポート1

東芝のMeisterシリーズ™は、モノづくりのためのプラットフォームだが、特徴は過去何が起きて、今何が起きていて、今後どうなるのかということについて、時系列で状況がわかるソリューションだという。
詳細はこちら

3位 5Gにおけるネットワークスライシングの魅力 -MWC上海2018レポート2

2018年6月に5Gの初期仕様が全て策定され、各国で5Gローンチの準備が着々と進んでいる。5Gはこれまでの世代進化と異なり、スマホなどのハンドセットのイノベーションよりもIoT市場からの期待の方が大きい。その要因は、5Gで実現される通信の特徴にある。
詳細はこちら

4位 日本医療研究開発機構・デンソー・日立など、IoTを活用した「スマート治療室」のスタンダードモデルが臨床研究開始

現状、手術室等の現場では多種多様な医療機器・設備から発生する膨大な情報を医師やスタッフが限られた時間内に判断しつつ治療を行っている。
詳細はこちら

5位 Amazon DashのLPWA進化系、「SORACOM LTE-M Button」 -SORACOM Discovery2018レポート3

先日行われたソラコムの年次イベントDiscoveryのレポート第三弾はLTE-M Buttonと呼ばれる、Amazon Dashボタン(のようなもの)だ。
詳細はこちら

6位 2020年、IoT的なオリンピックの楽しみ方

昨今、どんどん新しい技術が生まれているが、単純に技術と言ってもすぐにビジネスに活用できるものと、できないものがある。
詳細はこちら

7位 図解!IoTによる工場の可視化「2.故障状況の把握」

「故障状況の把握」に関して、具体的なスマートファクトリーの現場で実際に取得されているデータの要素と、そこから導き出される改善要素について解説する。
詳細はこちら

8位 ネポン、IBM Watsonを活用したスマート農業の統合AI制御事業を開始

ネポン株式会社は、2012年から展開する農業分野向けクラウドソリューション「アグリネット」事業で取得・蓄積した施設園芸用ハウスやハウス工場の環境・制御のビッグデータと、IBM CloudおよびIBM Watsonを活用して、施設内の稼働機器の統合AI制御サービス事業を2018年度より開始する。
詳細はこちら

9位 IoTで富士山の混雑・温湿度を”見える化”、KDDIなど

静岡県御殿場市、静岡県小山町、KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所は、本年7月10日から9月10日までの富士山の開山期間、安心安全で快適な登山のサポートなどを目的に、IoTを活用して富士山登山口の登下山者数ならびに温湿度を「見える化」する期間限定のサービス「ミエル フジトザン」を提供する。
詳細はこちら

10位 『DeepLearning BOX』ではじめるディープラーニング② DIGITS + Caffeで画像認識

Linux版の「DeepLearning BOX」で、「DIGITS + Caffe」を使って画像認識させる様子を紹介する。
詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

ブリヂストン、タイヤ性能試験の無人自動運転化に向けた開発プロジェクトを開始

IoT時代、PTCが描くデジタルツインのあるべき姿

Next