仏Netatmo社、スマートフォン連動型「ウェザーステーション」用アクセサリー風速計『ウインドゲージ』日本発売開始

仏Netatmo社は、現在販売中のスマートフォン連動型モジュール「ウェザーステーション」のアクセサリーとして、風速計の『ウインドゲージ』を日本で発売開始したことを発表した。この『ウインドゲージ』はamazon.jpで購入できる。

『ウインドゲージ』は「ウェザーステーション」と連動させることにより、屋外の風速や風向きを測定することが可能。超音波技術を使用しているので、従来の3杯型風速計より正確な計測ができ、突風などの強風の測定も正確に測定ができる。また、この風速計は可動部がないためメンテナンスも不要とのことだ。

記録された正確な風データは、WiFiでNetatmoのアプリ「ウェザーステーション」に伝えられ、この局地的データが、体感気温などのウェザーステーションの測定値を精緻化する。

Netatmo社が発売している「ウェザーステーション」とそのアクセサリーは、気象条件観測のためのソリューションをいくつも提供している。

例えば、気温、湿度、気圧、二酸化炭素濃度、騒音など、屋内、屋外の環境要素をモニタリングし、ユーザーのスマートフォンとペアリングすることで、屋内の環境改善などに役立てられる。

 

【販売価格】12,960円(税込)

 

【販売チャネル】Amazon.jp

 

【関連リンク】
Netatmo社オフィシャルWEBサイト
Netatmo、スマートフォン連動型「ウェザーステーション」用アプリの新バージョンを発表
スマートホーム産業で開発を続けるNetatmo社、3,000万ユーロを調達

Previous

IoTに必要なオープンイノベーション シスコシステムズ八子氏 OMC2016

富士通と千葉県一宮町、東浪見小学校と一宮小学校で、ロボットプログラミング授業を開始

Next