世界共通のニーズと、グローバル展開戦略の多様性 ーSORACOM Discovery 2019レポート9

2019年7月2日都内にてSORACOM Discovery 2019が開催された。

今回はその中の「特別企画:Best of CES 2019 Finalist 企業による国内スタートアップのグローバル展開とIoTグローバル事例」と題したパネルディスカッションの紹介をしたい。

この講演では、今年1月米国ラスベガスで開催されたCESにおいて「Best of CES 2019」のFinalistに選出された日本を代表するスタートアップ企業であるGROOVE X アライアンス・海外事業責任者村山 龍太郎氏、トリプル・ダブリュー・ジャパン 代表取締役 中西 敦士氏が、グローバル展開戦略やチャレンジについて語った。

また、アメリカと日本の違いなどについて、US SORACOM, INC.CEO, Americasである川本 雄人氏も交えてディスカッションがおこなわれた。

モデレーターはアールジーン/IoT NEWS代表 小泉 耕二だ。

心を豊かにするロボットという発想

まずIoTNEWSの小泉から、グローバル展開していく企業が考えていかなければならないことや、実際にグローバル展開している企業がどのようなことに取り組んでいるのかを聞いていきたいと話したうえで、現在どのようなことに取り組んでいるか伺った。

GROOVE Xの村山氏は、「LOVOT」という家族型ロボットの製造販売を行なっているハードウェアメーカーのグローバルの展開と企業関係のアライアンス、商品のサービス企画を行なっている。

「従来のロボットというものは、効率化を測るものや、家電などといった生活を豊かにするものが中心だったが、LOVOTは人に寄り添い、心を豊かにしていくために開発した」と話す。

世界共通のニーズと、グローバル展開戦略の多様性 ーSORACOM Discovery 2019レポート
ステージ上でも可愛い鳴き声を出していた「LOVOT」

LOVOTに搭載されているのは10以上のCPUコア、20以上のMCU、50以上のセンサーだ。

通信はソラコムのSimを搭載しており、大容量通信の際はWi-fiを仕様している。

「LOVOT」は今年のCESに出展し、CES 2019のROBOT部門にて、「Best of CES」のファイナリストに選出された。さらにアメリカのテレビ番組やメディアで取り上げられるなど、評価が高かった。

現在日本で予約を受け付けており、秋冬に発売され、そのあとはアメリカと中国に展開していくという。

次ページは、「人の手を借りたくないというニーズに行き届くIoT

Previous

経産省、「Reスキル講座」第5回の申請受付開始

LINE、AI・フィンテック事業推進で生活プラットフォームを目指す -LINE CONFERENCE 2019レポート

Next