ATR・KDDIなど、5Gを活用してタグラグビー選手のバイタルデータや応援の高揚度を可視化する実証実験を実施

株式会社国際電気通信基礎技術研究所(以下、ATR)とKDDI株式会社、データスタジアム株式会社は、株式会社ジュピターテレコム (以下、J:COM)、SOLTILO Knows株式会社(以下、Knows)の協力のもと、2019年10月19日に東大阪市花園ラグビー場で開催された「au 5Gタグラグビーエキシビションマッチ」において、5Gを活用した実証試験を実施した。

タグラグビーは、腰につけたタグを取ることによってタックルしたとみなす、身体的接触を無くしたルールが特長のラグビー競技である。同試験では、花園ラグビー場の競技エリアを5Gエリア化し、試合中の選手やスタンドにおける応援の様子を、5Gを通じて4K映像で5G対応スマートフォンおよびスタジアム内の大型モニターにリアルタイム伝送を行った。

加えて、選手のウェアに装着したIoTウェアラブルセンサーから得られるバイタルデータや、観客が持つ応援用スティックバルーンに取り付けたセンサーから取得したバルーンを叩いた回数情報などを可視化した映像を、5G対応スマートフォンおよびスタジアム内の大型モニターに伝送した映像と合成、さらにリアルタイムに中継することで、選手と観客が一体となったスポーツ観戦体験を提供する。ATR・KDDIなど、5Gを活用してタグラグビー選手のバイタルデータや応援の高揚度を可視化する実証実験を実施

同試験における各社の役割は以下の通り。

  • ATR
  • 総務省の技術試験事務における5G総合実証試験の請負。

  • KDDI
  • 5Gのエリア設計・評価ならびに、観客のウェアラブルセンサー、IoT ゲートウェイの手配。

  • J:COM
  • 4K映像機器の手配ならびに、イベント運営。

  • データスタジアム
  • 4K映像の低遅延配信、CG設計、スタッツデータの収集・加工。

  • Knows
  • 選手が装着するウェラブルセンサーの手配。

今後、自宅に居ながら他拠点で観戦している観客と一体となった観戦や、ゲーム要素を含んだ応援合戦など、選手と観客、観客同士の一体感を醸成する新しいスポーツ観戦体験を提供することでスポーツイベントにおける観客の増員やスタジアム周辺の活性化を目指す。

なお、同試験は、総務省の技術試験事務における5G総合実証試験として実施した。

Previous

2019年11月のDX / IoTセミナー情報

ISIDと立命館大学、革新的な新商品・新サービス創出のための「意味のイノベーション」を支援するITサービス共同研究を開始

Next