IoT人気記事ランキング|日本語の書き起こし精度を試してみたなど[11/18-11/24]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 もう議事録はいらない?日本語の書き起こし精度を試してみた

AWS(Amazon Web Service)は、11/21、音声をテキストに書き起こす「Amazon Transcribe」というサービスの日本語対応を発表した。
→詳細はこちら

2位 使って分かった、Apple Watchのいいとこ、悪いとこ

様々なメーカーからスマートウォッチが発売され、FitbitがGoogleの傘下に入ったのには驚いたが、シェアトップを走るApple Watchは、シリーズ5となり、かなりこなれてきた感を感じる。
→詳細はこちら

3位 スマートウォッチとは、その活用事例

スマートウォッチとは、腕時計型の多機能なウェアラブルデバイスである。
→詳細はこちら

4位 放置されるスマートスピーカー、なぜ使い道がみえないのか

Amazon Echo登場以来、スマートスピーカーを活用したサービスがたくさん登場している。
→詳細はこちら

5位 2020年、いよいよ自動運転レベル3が実用化されるか

現在、自動運転技術に関して、Google系列の自動運転企業「Waymo」が先行している。
→詳細はこちら

6位 マイナンバーでの2,500億円のポイント還元より、国はDXを実行すべき

政府は、2020年9月から2021年3月までの7か月間、最大20,000円までのキャッシュレス決済に対して25%にあたるポイントをマイナンバーカードに対して付与するという決定をした。
→詳細はこちら

7位 センターテストの英語でAIが185点を獲得、何がすごいのか

クイズや、チェス、碁、将棋など、様々な頭脳ゲームでヒトを破り続けるAI。
→詳細はこちら

8位 広がるデータ連携基盤「FIWARE」によるスマートシティへの取り組み ―NECインタビュー

2019年7月25日、NECはスペイン・コルドバ県のスマートシティプロジェクトを受注したことを発表した。
→詳細はこちら

9位 Yahoo!とLINE、統合の本質と変わる生活をDXの側面から考察

Yahoo!とLINEが統合するというニュースが出て以来、ネットやテレビのニュースはこの話題で持ちきりだ。
→詳細はこちら

10位 NTTが未来に描くヒトのデジタルツインなど ーNTT R&Dフォーラム2019 レポート

2019年11月14日~15日の2日間、NTT武蔵野研究開発センタでは毎年恒例の「NTT R&Dフォーラム」が開催された。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

スマートスピーカー市場44.9%成長でもGoogleは4位に、なぜ?

ストラタシス、3Dプリンティングの受発注を合理化する「GrabCAD Shop」発表

Next