IoT人気記事ランキング|再生可能エネルギーの導入とエネルギーマネジメントの両面で、脱炭素を実現する ―オムロン 田渕博史氏インタビューなど[4/18-4/24]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 再生可能エネルギーの導入とエネルギーマネジメントの両面で、脱炭素を実現する ―オムロン 田渕博史氏インタビュー

オムロン フィールドエンジニアリングは、鉄道や道路、金融機関など緊急性が求められる公共性の高い社会システムを中心に運用・保守・点検といった、フィールドサービスを主事業として展開している一方で、製造業をはじめとするさまざまな企業のカーボンニュートラル(脱炭素)へ向けた取り組みの支援を加速させている。

そこで本稿では、エネルギー事業に取り組むようになったきっかけや具体的なカーボンニュートラルへの取り組みや事例、今後実現していきたい未来について、オムロン フィールドエンジニアリング株式会社 エネルギーマネジメント事業本部 田渕博史氏にお話を伺った。
→詳細はこちら

2位 デロイト トーマツ、全社規模のデジタル人材育成を行う総合サービス「デジタル人材育成プラットフォーム」の提供を開始

デロイト トーマツ グループは本日、デジタル人材の育成を中心とする総合サービス「デジタル人材育成プラットフォーム(DHR Platform)」の提供を始めることを発表した。
→詳細はこちら

3位 NTTグループ・アズビル・ダイキン工業、カーボンニュートラルへ向け空調制御に関する協業契約を締結

NTTアーバンソリューションズ株式会社、株式会社NTTファシリティーズ、NTT都市開発株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)、アズビル株式会社、ダイキン工業株式会社の6社は、カーボンニュートラルの実現に向け、空調制御に関する協業契約を締結したことを発表した。

→詳細はこちら

4位 業務プロセス改善のDXで使う「ECRS」とは、具体例や使い方を解説

みなさん、「ECRSの原則」というキーワードは耳にしたことがあるでしょうか。「ECRSの原則」とはもともとは製造業での生産性の向上を行う改善活動の中において、生産工程の見直しを行う際に利用されているフレームワークです。

しかし、この「ECRSの原則」というフレームワークは、製造業だけでしか使えないというフレームワークではありません。

今回は、業務プロセスの改善を行う上で使える、「ECRS」をわかりやすく解説します。
→詳細はこちら

5位 ソラコム、Android OS搭載のIoTエッジカメラ「Acty-G3+」をIoTストアで提供開始

株式会社ソラコムは、デバイス通販サイト「SORACOM IoTストア」において、Android OS搭載で、スマートフォン技術を用いて手軽に開発できるIoTエッジカメラ「Acty-G3+」とSORACOM IoT SIMがパッケージになった「Android搭載IoTエッジカメラ Acty-G3+ スターターキット」の提供を開始した。
→詳細はこちら

6位 横河電機、レコーダ・データロガー上に設備・品質予兆検知システムを構築するAI搭載ソフトウェアを発売

横河電機株式会社は、ペーパレスレコーダ・データロガー「SMARTDAC+」の「GXシリーズ」、「GPシリーズ」、「GMシリーズ」上に設備・品質予兆検知システムを構築するための、AIを搭載したソフトウェア「設備・品質予兆検知ツール」のクラウド版およびオフライン版の二種類のパッケージを発売した。
→詳細はこちら

7位 マーターポート、日本法人設立とスマホの空間撮影を支援する新製品「Matterport AXIS」を発表

Matterportは、2022年4月14日にオンラインで開催された「マーターポート『日本法人設立』事業戦略 記者発表会」にて、日本法人となるマーターポート株式会社を設立し、同社の執行役員社長に蕭敬和(しょう けいわ)氏が就任したことを発表した。

また、新製品として、スマートフォンを装着して空間撮影を行うことができる「Matterport AXIS」も同時に発表された。

そこで本稿では、マーターポートが提供するサービスの概要と、今回発表された日本法人設立の背景や展望、新製品「Matterport AXIS」について紹介する。
→詳細はこちら

8位 電脳交通、クラウド型タクシー配車システム「電脳交通for個人タクシー」を提供開始

株式会社電脳交通は、これまで法人タクシー事業者中心に提供してきたクラウド型タクシー配車システム「電脳交通」を個人タクシー向けに機能強化した「電脳交通for個人タクシー」の提供を開始した。
→詳細はこちら

9位 ライオンと日立、ハミガキの製造プロセス上の課題を事前予測して最適組成を自動提案するシステムを開発

ライオンと株式会社日立製作所は、研究所で開発した新たなハミガキの組成をもとに、実際に工場で生産する際に生じる課題を事前に予測し、製造プロセス上最適な組成情報や物性情報の案を自動提案するシステムを開発した。
→詳細はこちら

10位 オムロン、マスク着用でも顔認識可能な「OKAO Vision 顔認証マスク対応版 ソフトウェアライブラリ」を発表

オムロンは本日、マスクを着用したままでも顔認証を可能とする、AI搭載の「OKAO Vision 顔認証マスク対応版 ソフトウェアライブラリ」を、4月20日から提供開始することを発表した。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから