第5回 IoT/M2M展 レポート その6

IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術、センサーや、様々なアプリケーションが一堂に集結する専門展 「第5回IoT/M2M展レポート」の最終回。

第5回 IoT/M2M展 レポート その1
第5回 IoT/M2M展 レポート その2
第5回 IoT/M2M展 レポート その3 ーIoTを支える組込みシステムの品質向上
第5回 IoT/M2M展 レポート その4 ーソラコムブース
第5回 IoT/M2M展 レポート その5

日本コントロールシステム株式会社 ジェスチャー認識エンジン環境 GREEEN

日本コントロールシステム株式会社 ジェスチャー認識エンジン環境

日本コントロールシステム株式会社 ジェスチャー認識エンジン環境

通信制御、画像処理、半導体関連などの制御系全般の開発を手がける日本コントロールシステム社の、ジェスチャー認識システム開発チームによる人体認識のデモンストレーションがあった。

GREEENの特徴として、センサーが移動していても人体を認識できるという強みがあるため、クルマやロボット、ドローン、重機などに使って、障害物の検出や人の検出に使うことができるという。

日本コントロールシステム株式会社 ジェスチャー認識エンジン環境
センサー

同社はKinectなどの人体認識とは全く別のアルゴリズムを使った、独自の人を識別する技術を持っており、距離のデータから身体的な特徴を見つけて、人を検出しているという。ただし正確には「人っぽいもの」を検出しているため、人形やマネキンも人として検出するという。

UPR

UPRのブースではIoTソリューション「なんつい」が展示されていた。

UPR
左:温湿度センサーと位置情報がとれる 右:位置情報がれる

 
「なんつい」は、位置情報を特定するモノで、荷物の中に入れておくだけでその荷物がどこにあるのかが特定できるというのだ。

写真左は温度、湿度センサーがついているタイプなので、温度管理をしなければならない荷物でも利用することができる。(左右とも位置情報は把握することができる)

実際に、荷物を運んで移動する状況もWeb上で可視化することができるということだ。

UPR
なんついのイメージ

IoTソリューション UPR Scalenics

さらに、UPRのIoTソリューション「UPR Scalenics」を簡単に試すことができるキットも展示されていた。

UPR

このキットは人感センサーを利用して、人の在否を簡単に判定することができるようなデモンストレーションとなっている。

Scalenicsは、各種センサーデバイスを活用した付加価値サービスを提供する事業者が必要とする機能をPaaSとして提供するということだ。

UPR
UPR Scalenicsの画面イメージ

パレットを管理できるアクティブタグ

UPR

他にも、物流倉庫などで使用するパレットにアクティブタグを挿入しておき、拠点内のリーダーで、リアルタイムにパレット等の物流機材がどの拠点に何台あるのか、パレットの拠点からの出庫時間や入庫時間を確認することができるようになっている。

UPR

また、ブース担当者によると、「パレット上の商品と紐つけをしておくことで、パレットを追えば商品もどこにあるかなどがトレースできる。」ということだ。

第5回 IoT/M2M展 レポート その1
第5回 IoT/M2M展 レポート その2
第5回 IoT/M2M展 レポート その3 ーIoTを支える組込みシステムの品質向上
第5回 IoT/M2M展 レポート その4 ーソラコムブース
第5回 IoT/M2M展 レポート その5