デジタライゼーションの未来、IoTとAIで”再定義”される製造業とモビリティ —IoTConference2018レポート1

その背景として、島田氏は、オーストリア出身の経済学者ジョセフ・シュンペーター氏(1883-1950)の「イノベーションの源泉の一つは、既存の知と別の既存の知との、新しい組み合わせである」という言葉を引用した。

イノベーションには、「知の探索」と「知の深化」の2種類があると言われている。日本は従来「知の深化」を得意としてきたが、それは時間がかかるというデメリットがある。

そのため、昨今のように市場の変化が速い時代には、対応を変えていかなければならない。つまり、「日本企業はすべて自社でやろうとするのではなく、既存の知の組み合わせでイノベーションをはかっていく必要がある」と島田氏は指摘した。

とはいえ、企業はどうすればよいだろうか。そこで、シーメンスはそれぞれの企業が汎用技術の組み合わせでイノベーションを実現するための”基盤”を提供するとして、その戦略を「デジタルエンタープライズ」と銘打ち、プラットフォーム事業を進めている。

具体的には、製品の設計・開発に関わるPLM(Product Life cycle Management)のシステムと生産現場に関わるMOM(Manufacturing Operations Management)の統合を可能にするプラットフォームを提供している。

「今までと何が違うのかと思われるかもしれない。しかし、それぞれ文化の異なるPLMとMOMの統合は、これまでの固定概念を壊さないとできないことだ。このようにインダストリー4.0では、ヒトの従来のイマジネーションを壊していくことが重要となる」(島田氏)

デジタライゼーションの未来、IoTとAIで”再定義”される製造業とモビリティ —IoTConference2018レポート1
シーメンスのIoT基盤「MindSphere」における、パートナー企業とのエコシステム(出典:シーメンス株式会社)

シーメンスはまた、IoT向けのデジタル基盤「MindSphere」を「産業のOS(オペレーション・システム)」と銘打ち、展開している。

Previous

トヨタのAI研究機関TRI、オープンソースの自動運転シミュレーター開発を支援

アクセルラボ、スマートホームIoTゲートウェイ「Smart Z-controller」を法人向けに提供開始

Next