土木建設

digglue、コンクリート受入管理システムの検査データをブロックチェーン上に記録するシステムを開発

digglue、コンクリート受入管理システムの検査データをブロックチェーン上に記録するシステムを開発

近年、安全意識や環境意識の向上に伴い、他産業でトレーサビリティの取り組みが増えるなか、建設業では施工プロセスのさらなる透明性の確保が課題となっていた。 株式会社大林組では、今までも改ざんを防止・検知する機能をコンクリート … Read more

NECソリューションイノベータ、ICTを活用し建機の稼働状況を見える化するシステムを鹿島道路へ提供

NECソリューションイノベータ、ICTを活用して建機の稼働状況を見える化するシステムを鹿島道路へ提供

鹿島道路株式会社では、日本全国に配置されている建機の稼働現場や稼働時間について、全国の各支店からの報告書を基に集計を行っていたため、タイムリーで正確な稼働状況を収集することが課題となっており、日々の稼働状況を把握するシス … Read more

NEC、ドライブレコーダーとAIで道路の劣化状態を診断するサービス「くるみえ for Cities」を提供開始

NEC、ドライブレコーダーとAIで道路の劣化状態を診断するサービス「くるみえ for Cities」を提供開始

高度経済成長期に日本各地で整備された道路は老朽化が進んでおり、定期的な点検と適切なメンテナンスが欠かせない。一方、国内の道路の大半を占める県道や市町村道の点検は、熟練した職員が人手・目視によって行っているケースが多く、I … Read more

リコー、360°画像データを活用して建設現場の状況共有を効率化する「RICOH360 Projects」を提供開始

リコー、360°画像データを活用して建設現場の状況共有を効率化する「RICOH360 Projects」を提供開始

建設現場では多くの写真が撮影されるが、写真と文書を使った現場状況の記録と共有は手間がかかる。また、撮影漏れが発生して現場を再訪問したり、時間をかけて作成した文書を本社の管理部門や安全・検査部門、施主といった関係者に共有し … Read more

竹中工務店とドコモ、AI運行バスを活用して建設MaaSオンデマンド移動及び搬送の実証実験を開始

竹中工務店とドコモ、AI運行バスを活用して建設MaaSオンデマンド移動及び搬送の実証実験を開始

建設現場における行政協議や資材調達のための移動時間、および必要資材の搬入タイミングの遅れによる作業の待ち時間を短縮することは、生産性を向上することにつながる。加えて、ウィズコロナにおける交通手段には、移動の効率化だけでな … Read more

日立ソリューションズ、建設業の働き方改革と生産性向上を支援する「建設業向けソリューション」を提供開始

日立ソリューションズ、建設業の働き方改革と生産性向上を支援する「建設業向けソリューション」を提供開始

建設業界では、人口の少子高齢化を背景に、若年層の労働者不足や熟練者の技術継承、労災の増加抑制などが課題となっている。企業では、このような課題を解決するため、建設現場の働き方改革やデジタル技術を活用した生産性向上に取り組む … Read more

ニチレキ・NTT東日本・NTTコムウェア、AIによる局部損傷診断技術の完成および「smart路面点検サービス」の提供開始

ニチレキ・NTT東日本・NTTコムウェア、AIによる局部損傷診断技術の完成および「smart路面点検サービス」の提供開始

高度経済成長期に集中的に整備された道路舗装は今後一斉に老朽化することが懸念されているが、その維持修繕に関わる予算は大幅に減少している。しかし、地方公共団体が管理する道路は路線数、路線延長ともに膨大であり、損傷箇所の全てを … Read more

富士フイルムが社会インフラAI画像診断サービス「ひびみっけ」の機能拡張、剥離や漏水等を自動検出する機能を搭載

富士フイルムが社会インフラAI画像診断サービス「ひびみっけ」の機能拡張、剥離や漏水等を自動検出する機能を搭載

日本では、高度経済成長期に多く建設された橋梁やトンネルなど社会インフラの老朽化が進行していることから、国や自治体は、社会インフラの定期点検の義務化や点検内容の厳格化を進めている。現在、社会インフラの点検業務では近接目視で … Read more