ドローン

ドローンとは、もともと無人飛行機全般を指す言葉で、軍事利用用途が主だった。

現在では、低価格化や小型化が進むものや、逆に大型化、高性能化が進むものまで幅広いドローンが出現している。

首相官邸上空に飛んだものや、お祭りの上空で飛んだもののニュースが広がる中、ドローン規制の声も上がっているものの、災害時の利用や、過疎地域への物資補給などへの期待も広がっている。

日本でも実用化に向けて動き出す「空飛ぶクルマ」の現状

日本が描く「空飛ぶクルマ」実用化に向けた具体的な構想とは?

ドイツのスタートアップ「Lilium」、アメリカの「Kitty Hawk」、中国の「EHang」、オランダの「Pal-V」など、世界各国で「空飛ぶクルマ」が開発されており、大都市の渋滞、物流、災害・救助といった課題の解決 … Read more

NEDO・SUBARU・三菱電機他3社、無人航空機が緊急時でも自律的に危険を回避する実証試験を実施

NEDO・SUBARU・三菱電機他3社、無人航空機が緊急時でも自律的に危険を回避する実証試験を実施

一般にドローンと呼ばれる小型の無人航空機や、それよりも一回り大きく、より大きなセンサーなどを搭載できる中型の無人航空機は、すでに農業分野などで利用が広がり、さらには災害時の物資運搬や遭難者捜索、物流インフラなどの用途が大 … Read more

ソフトバンクと東京工業大学、モバイルネットワークを利用して遠隔地から手動で操縦可能な 「ケータイドローン飛行制御システム」を開発

ソフトバンクと東京工業大学、モバイルネットワークを利用して遠隔地から手動で操縦可能な 「ケータイドローン飛行制御システム」を開発

Wi-Fiなどの特定無線(※)を介して手動操縦を行う場合、最大飛行距離は使用する特定無線の性能によるが、数キロメートル程度に限られている。また、自律飛行操縦の場合、あらかじめ飛行ルートを設定するため、飛行途中にルートを変 … Read more

KDDI・東海大学など、5Gを活用して南阿蘇地域をドローン視点で飛行体験する観光サービスの実証試験を実施

KDDI・東海大学など、5Gを活用して南阿蘇地域をドローン視点で飛行体験する観光サービスの実証試験を実施

熊本県の南阿蘇地域は、阿蘇山や絶滅危惧種であるハナシノブなどの群生地、熊本地震の被害を受けた東海大学校舎をはじめとする震災遺構など、観光資源を多数有している。一方で、火口付近のガス濃度や火山活動の状況によってしばしば入山 … Read more