IoT人気記事ランキング|八子知礼×小泉耕二 対談「データで儲ける」ってどういうこと? など[10/1-10/7]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 「データで儲ける」ってどういうこと? ー八子知礼×小泉耕二

デジタル化が進んだ世の中では、現実世界のさまざまな出来事やしくみがデジタル空間に「コピー」され、ヒトの脳では追い付かない複雑な事象の原因を分析したり、未来を予測したりできると考えられている。
詳細はこちら

2位 アールティ、弁当のおかずを盛り付ける協働人型サービスロボットを発表

株式会社アールティは、人と隣り合わせで弁当のおかず盛り付け作業を行う、協働人型サービスロボットのプロトタイプを本日発表した。
詳細はこちら

3位 JR東日本、サインポスト開発のAI無人決済システムの実証実験を赤羽で実施

東日本旅客鉄道株式会社とJR東日本スタートアップ株式会社は、サインポスト株式会社が開発したAI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を使って2018年10月17日から約2か月間、東京都北区の赤羽駅5・6番線ホーム上店舗で実証実験を実施する。
詳細はこちら

4位 ソフトバンクとトヨタが提携、モビリティ・サービスの新会社設立

ソフトバンク株式会社とトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)はこのほど、モビリティサービスを手がける新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)株式会社」(以下、MONET)を設立し、本年度内をめどに共同事業を開始すると発表した。
詳細はこちら

5位 ソニーが独自のLPWA通信規格「ELTRES (エルトレス)」を公開、パートナープログラムも始動 

ソニーおよびソニーセミコンダクタソリューションズは、昨年4月に技術開発を発表した独自のLPWAネットワーク技術について、商用化に向けた技術検討と実証実験を行ってきた。
詳細はこちら

6位 顧客はテクノロジーより価値をくれという ーシュナイダーエレクトリック デジタルサミットレポート1 

シンガポールで開催された、仏シュナイダーエレクトリックのデジタルイノベーションサミット2018に参加した。キーノートスピーチにおいて、CEOのジャン=パスカル・トリコワ氏は、冒頭「現在のデジタルというと、デジタルを学んだ世代だが、現在の10代の子供達はすでにテクノロジーに依存していて、電気やWifiなどの技術はなければならないというだろう。」。「デジタルは未来ではなく現在で、インターネットの第一章は50億の人と人をつなげることだったが、第二章はIoTである」と述べた。
→詳細はこちら

7位 下半期最大級のIT展示会『第9回Japan IT Week 秋』まもなく開催! [会期:2018年10月24日(水)~26日(金)] 

IoT、AI、クラウド、セキュリティ、ビッグデータ、デジタルマーケティングなど、最新のITテクノロジーが一堂に集結する「Japan IT Week」。毎年、東京ビッグサイト・幕張メッセ・インテックス大阪で、年3回開催している。
→詳細はこちら

8位 村田製作所、IoTを活用した建設現場の作業者安全モニタリングシステムを開発 

株式会社村田製作所と戸田建設株式会社は共同で、建設作業者の健康状態などを遠隔地からリアルタイムに把握することができるヘルメット取り付け型センサデバイスを用いた作業者安全モニタリングシステムを開発した。
→詳細はこちら

9位 Garmin、体のエネルギー量が計測できるアクティビティトラッカー「vivosmart 4」発売 

ガーミンジャパン株式会社(以下、Garmin)はアクティビティトラッカーvivoシリーズの最新モデル「vivosmart 4(ヴィヴォスマート4)」(全5種)を2018年10月11日に発売する。価格は16,482円(税別)で、10月4日より予約開始。
→詳細はこちら

10位 ベジタリア、高速LTEデータ通信対応、電源がなくても監視可能な屋外乾電池式IoTカメラ発売 

ベジタリア株式会社は、屋外乾電池式IoTカメラ「FieldCam(フィールドカム) FC-1000」を2018年10月1日より発売する。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

NVIDIA、大規模データ分析およびマシンラーニング向けオープンソースを公開

富士通の公共工事の設計・積算業務支援ソフト「ESTIMA」、AI活用で積算の誤りの可能性を自動検知する機能追加

Next