IoT人気記事ランキング|AIというバズワードに惑わされるな、広島県のAI・IoTエコシステム「ひろしまサンドボックス」が始動など[5/14-5/20]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 AIというバズワードに惑わされるな[Premium]

最近、AIという言葉が巷を賑わせている。多くの人にとって、AIという言葉が魔法のように感じられる一方で、そんなに都合の良いことが果たしてあるのだろうか。と思うからだろう。
詳細はこちら

2位 広島県のAI・IoTエコシステム「ひろしまサンドボックス」が始動、渋谷区と連携し、地方と都市の”共創”を推進【Original】

広島県は、AIとIoTを活用し、地域の課題解決に向けた新しいソリューションを生む実証実験のフィールドとエコシステムを提供する「ひろしまサンドボックス」を始動。5月17日、東京都渋谷区で「AI・IoT実証プラットフォーム事業 ひろしまサンドボックス記者発表会」を開催した。
詳細はこちら

3位 IoTConference2018 ~デジタライゼーションの未来

デジタライゼーションは、世界のトレンドである。社会全体が再定義されようとしている今、我々は時代の転換期にいると言っても過言ではない。
詳細はこちら

4位 AI技術群「NEC the WISE」でできること、異常データのいらない機械学習の仕組み —第7回IoT/M2M展レポート【Original】

NECは、5月9~11日に東京ビッグサイトで開催されたIT専門展「2018 Japan IT Week 春」の「第7回IoT/M2M展 春」に出展。同社のAI技術群「NEC the WISE」を活用したソリューションを紹介した。
詳細はこちら

5位 東芝メモリのSDカードはデジカメ利用だけでなくスマートファクトリー利用へ —第7回IoT/M2M展レポート【Original】

スマートファクトリーをテーマとした記事の中でも、「レトロフィット」という言葉で称される、昭和の産業機械やPLCをどうやってネットワーク対応するか、ということについて各所で議論がされている。
詳細はこちら

6位 パナソニックと丸井、人工知能(AI)技術を用いた「障がい者入退店検知」の実証実験

パナソニック株式会社は、2018年5月17日から20日まで、人工知能(AI)技術を用いた「障がい者入退店検知」の実証実験を、株式会社丸井グループの協力のもと、福岡県の博多マルイと、東京の北千住マルイにて実施する。
詳細はこちら

7位 デンソー、後付けドライバーステータスモニターを発売

株式会社デンソーは、トラックやバスなど商用車の交通事故低減に寄与する安全製品として、既販車両に後付け装着可能なドライバーステータスモニターを5月15日に発売した。
詳細はこちら

8位 衣料生産プラットフォームでアパレル業界の製造を変える ーシタテル株式会社/sitateru Inc. CEO河野氏インタビュー

sitateru(シタテル)は、2014年の3月に創業した熊本発の会社です。もともと熊本はファッションの地と言われていてファッションのカルチャーがありますが、私がコンサルタント時代にアパレルの小売業をお手伝いしていた時、小ロット生産ができないという悩みがありました。
詳細はこちら

9位 イージェーワークス、AIキャラクター立体サイネージ「インフォロイド」のサービス提供を開始

WEB開発事業を行う株式会社イージェーワークスは、株式会社横浜アリーナ、学校法人岩崎学園 横浜デジタルアーツ専門学校と横浜地域の活性化を目的とした産学共同開発を行い、本年5月19日よりAIキャラクター立体サイネージ「インフォロイド」のサービス提供を開始する。
詳細はこちら

10位 中部電力など、AI・IoTを活用した子ども見守りサービス 「どこニャン GPS BoT」を提供

中部電力株式会社、ビーサイズ株式会社および、NTTコミュニケーションズ株式会社は、本日から、AI・IoTを活用した子ども見守りサービス「どこニャン GPS BoT」の提供を開始する。
詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

レンジャーシステムズ、LoRaで駐車場の満空情報を見える化する「駐車場searching」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」の提供がスタート

Next