Hannover Messe2019

KTC ハノーバーメッセ2019レポート

KTCのデジタルトルクレンチはヒト作業をIoT化する -Hannover Messe 2019レポート8

ハノーバーメッセレポートの第八弾はKTCだ。KTCは、京都機械工具という、製造業における工具を作っている会社だ。 開発コンセプトとしては、安全、快適、能率、効率を重要視していて、現在はトルク管理ができるトルクレンチに注力 … Read more

ベッコフオートメーション ハノーバーメッセ2019レポート

ベッコフの空飛ぶじゅうたんと、競争領域と協調領域を明確にする戦略 -Hannover Messe 2019レポート5

ハノーバーメッセレポートの第五弾はベッコフオートメーションのブースからだ。毎年、面白い展示をみせてくれるベッコフブースだが、今年は「非接触二次元搬送装置」愛称「空飛ぶじゅうたん(XPlanar)」が展示された。 まずは、 … Read more

ハノーバーメッセ2019

ハノーバーメッセで見えた、日本の出遅れ感の本質 -Hannover Messe 2019レポート4

ハノーバーメッセレポートの第四弾は、欧州と日本の展示内容から、違いがどの辺にあるかという点について論考する。その結果、個別の生産技術や、製造現場での可視化は欧米諸国と比較しても引けを取らないどころか進んでいるように感じて … Read more

富士通のデジタルツイン ハノーバメッセ2019

富士通、上海工場のデジタルツインで可視化の先を実現 -Hannover Messe 2019レポート3

ハノーバーメッセ2019レポートの第三弾も、「可視化の先にあるもの」として、富士通のブースで展示されていたデジタルツインを活用した未来予測のデモを紹介する。 上海の組み立てラインでのデジタルツイン事例 このデモは、中国、 … Read more

BUHLER(ビューラー) マイクロソフト ハノーバーメッセ

良質な小麦をブロックチェーンとIoTで消費者に届ける -Hannover Messe 2019レポート2

ハノーバーメッセ2019レポートの第二弾も、「可視化の先」を追いかけたレポートを行う。 今回は、マイクロソフトのブースに展示されていた、スイスの食品の検査装置、選別機を作っているBUHLER(ビューラー)という企業の取り … Read more

THK 坂本氏インタビュー ハノーバーメッセ2019

予知保全をサービスにすることで特注品の在庫や障害時の損害を極小化 -Hannover Messe 2019レポート1

先日、ドイツのハノーバーで開催されていたハノーバーメッセ。国内でも進むスマートファクトリーといえば「可視化」である。 本当に可視化だけしていればよいのか、可視化はできたが先がわからないという声が聞こえる中、「可視化の先」 … Read more