内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

富士通、上海工場のデジタルツインで可視化の先を実現 -Hannover Messe 2019レポート3

ハノーバーメッセ2019レポートの第三弾も、「可視化の先にあるもの」として、富士通のブースで展示されていたデジタルツインを活用した未来予測のデモを紹介する。

上海の組み立てラインでのデジタルツイン事例

富士通のデジタルツイン ハノーバメッセ2019
実際に上海にあるINESAの工場、2階が工場フロアで、4階がロジスティクスフロアだ

このデモは、中国、上海のINESAという製造メーカーにおける、実際の組み立ての工場のデジタルツインを作ったという事例だ。

この工場はSMT(表面実装)ラインだが、ビルが4階建になっていて、2階の工場設備では、3DCGで現実世界をデジタル上にコピーしている。「ウォークスルーモード」では、デジタルツイン上を歩きながら、リアルタイムに現実世界の状態を見ることができる。

富士通のデジタルツイン ハノーバメッセ2019
二階の工場のラインを俯瞰するとこのような状態となっている
富士通のデジタルツイン ハノーバメッセ2019
ウォークスルーモードでは、デジタルツインに展開された工場を見て回ることができ、それぞれの機械のステータスを細かく可視化することが可能となっている

また、4階の倉庫では、自動搬送機(AGV)ができあがった製品をはこび、ロボットアームが棚に格納している様子を見ることができる。

富士通のデジタルツイン ハノーバメッセ2019
4階はロジスティクス倉庫となっていて、作られた製品がAGVで運ばれロボットアームによって格納されていく

視点を切り替えることで、AGVの視点や、ロボットの視点、エレベーターの視点など様々な視点で見ることができる。

富士通のデジタルツイン ハノーバメッセ2019
ロボットアームが格納する様子

ウェブベースで作られているにも関わらず、かなり高精細で軽快に動いた。そこで、デジタルツインを3DCGを使ってここまで再現性を高くするというメリットを聞くと、オファリング推進本部 AI&IoTオファリング統括部 オファリング企画部兼エバネジェリスト推進室 部長の及川洋光氏は「人にとってわかりやすくするということ。」そして、「装置のメンテナンスなどをやる担当者は別の場所にいることが多い。そこで、リアルタイムにデジタルツインで正しく情報を見ることができれば、離れた場所からでもメンテナンス指示を細かくだすことができる。」と述べた。

通常離れた場所に詳しいエンジニアがいた場合、出張が発生するし、なによりエンジニアが到着するまでの間生産が止まる場合もある。

さらに、多くの現実世界で取得することのできるデータを、デジタルツインに投入することで未来の予測も可能となるのだという。

台湾の国営ダムでのデジタルツインのデモンストレーション

富士通のデジタルツイン ハノーバメッセ2019
台湾の国営ダムをデジタルツイン上に再現している

また、このデジタルツインをつくる技術を使って、台湾のダムを作る国営企業と一緒に作った「スマートダム2025」のコンセプトデモも紹介された。

ダムに貯まる水のデータや、大気の状態のデータなどをデジタルツイン上で再現することができる。

もちろん、現在でも、ダム監視システムなるものは存在するのだが、グラフの表示しかできないため、読み取る力がないと状況を細かく読み取ることは難しいのだという。

一方、現実世界の地形データや水位の情報などを細かくデジタルツイン上に再現すると、上流から流れてきた水がダムに貯まり、下流にどう流れているか、といったこともわかりやすく可視化することができるのだ。

そして、過去の台風の時の水位上昇実績から、「もし台風が来た時に未来(ダムの水位)がどうなるのか」ということを予測することも可能となっている。

富士通のデジタルツイン ハノーバメッセ2019
過去の台風時の水位変化から、もし、台風が来た場合にダムがどうなるかという未来を予測している

こうして、ダムの氾濫を予測して対応策を検討するということができるということだ。

他にもダムの周辺状況を把握するために、ドローンを飛ばす指示をデジタルツインから行うことができるという。現実世界で5G通信を活用し、実際にドローンからリアルタイムでダムの映像を取得し、デジタルツイン上で見ることができるのだ。

富士通のデジタルツイン ハノーバメッセ2019
デジタルツイン上でドローンを動かすと、現実世界の映像を取得することができる

及川氏によると、「この技術は、ダムだけでなくスマートシティなどでも活用することができて、様々な場面でリアルの世界をコピーして現状を把握したり、未来を予測することが可能となるのです。」という。

この富士通の展示でも、単に現状を可視化をするだけにとどまらず、様々なパラメーターをデジタルツインに投入することで、未来を予測し、様々な局面に対応していこうとする、これまでにはなかったビジネスモデルを作ろうという動きを感じた。

ハノーバーメッセの他の記事はこちらから

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録