IoT人気記事ランキング|アリババの街、杭州でみた中国の新生活など[7/15-7/21]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 アリババの街、杭州でみたBefore→Afterのデザイン力で拡大した中国の新生活

昨年の深セン視察(https://iotnews.jp/archives/103419/ 参照)では、テンセント本社訪問や無人コンビニなどの体験から、数年で急速に一般化したスマート決済普及の背景などを中心にレポートした。そして、今年の香港の展示会でアリババが杭州で展開する「City Brain」の取り組みを目の当たりにしたことをきっかけに、アリババの街、杭州に興味を持った。
→詳細はこちら

2位 中国だけがすすめる、スタンドアロン5Gの実態とユースケース -MWC上海2019レポート3

日本をはじめ、中国「以外」の国での5Gは、4Gとのハイブリッドで提供される予定だ。既にローンチしている北米や韓国でも4Gの設備を活用して5Gが提供されている。この4Gの資産を活用して提供される5Gサービスは「ノンスタンドアロン方式」と呼ばれている。
→詳細はこちら

3位 NEC、熟練者の意思決定を複数の意図に分解して学習し、模倣するAI技術を開発

ディープラーニングに代表されるAIの発展に伴い、商品の検品検査や需要予測、顧客の嗜好分析などの領域で、AIの活用が増えている。
→詳細はこちら

4位 新産業を共創するスタジオを作る―SUNDRED代表取締役 留目真伸氏インタビュー

2014年ごろから日本でも叫ばれるようになった第四次スタートアップブーム。しかし、スタートアップと大手企業をマッチングする企業に払う手数料のみが発生するだけで成果は出ない、クラウドファンディングを募っても製品をリリースできず賛同者を失望させる、といった事例も少なくない。
→詳細はこちら

5位 Traxが商品棚の画像認識による実店舗のデジタル化をサポートする

シンガポールに拠点を置き、アメリカ、イギリス、ロシアなど世界各国に小売業向けのコンピュータービジョンソリューションを展開するTraxが、本格的な日本参入にあたり、今後の戦略や各国の導入事例の発表をする場とし、「Trax Innovation Day World 2019」を都内にて開催した。
→詳細はこちら

6位 シーメンスPLMソフトウエアの、デジタルインダストリーへの戦略

Siemens Digital Industries Softwareが主催するユーザーカンファレンス「Realize LIVE JAPAN 2019」が7月10日に都内で開催され、その中でデジタルツインやオープンエコシステムにおけるシーメンスPLMソフトウエアの事業戦略についての説明会が開かれた。
→詳細はこちら

7位 オプテージ、LoRaWAN対応の腕時計型ウェアラブルトラッカーを活用した作業員安全管理支援ソリューションを提供開始

日本では近年酷暑が続き、熱中症の発生件数が増加傾向にある。就業中の熱中症も多数発生しており、特に屋外作業・高温作業が多い製造業、建設業では、各所への温湿度計の設置や水分補給の呼びかけ等、熱中症対策に積極的に取り組んでいるが、環境や個人の体調にも左右されることから、作業員ごとの体調管理を綿密に行う企業は少ないのが現状だ。また、熱中症以外でも、夜間の一人作業等で作業員の急な体調不良を早期に発見したいというニーズもある。
→詳細はこちら

8位 東芝、AIを活用した太陽光発電量予測技術を開発

近年、電力小売自由化や世界的な脱炭素への動きに呼応して、再生可能エネルギーの導入が拡大している。一方で、再生可能エネルギーは発電量が気象条件に左右されることが多く、電力の安定供給が課題となっている。太陽光発電において電力事業者が安定的かつ効率的な電力供給を行うために、電力の需要量や太陽光の発電量などを予測した上で需給計画を立てることが求められる。
→詳細はこちら

9位 NTTデータ、AI分析モデルを活用した顧客資金ニーズ予測サービスの実証実験を実施

現在、信用金庫を含め金融機関では、資金利益の底上げを図るとともに、非資金利益の新たな獲得方法を模索している状況である。また、信用金庫の強みの1つである地域に根ざした「Face To Face」の渉外業務の強化が求められている。しかし、渉外業務の中で作成する訪問リストは、渉外員のスキルに依存して作成していることが多く、一律にアプローチできていない、ニーズを汲み取ったタイムリーな提案ができていないことが課題となっていた。
→詳細はこちら

10位 NTTデータ、デジタルビジネスプラットフォームに関する調査で金融・保険分野機関の6割が垂直統合型ビジネスモデルから脱却傾向にあると発表

株式会社NTTデータは、金融・保険分野の機関を対象にグローバル規模でデジタルビジネスプラットフォーム(以下、DBP)に関する調査を実施した。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

DNP、フェンシング競技を誰でも簡単・安全に楽しめるツール「スマートフェンシング」を開発

富士通、調査対象の87%の企業がデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいると発表

Next