IoT人気記事ランキング|2020年版ものづくり白書で注目すべき3つのポイントなど[6/15-6/21]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 2020年版ものづくり白書で注目すべき3つのポイント ―経済産業省 中野剛志氏インタビュー【前編】

2020年版ものづくり白書が5月29日に公開された。ものづくり白書は、ものづくり基盤技術振興基本法(平成11年法律第2号)第8条にもとづく、政府がものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策に関する報告書だ。経済産業省、厚生労働省、文部科学省の3省が共同で作成を行っている。
→詳細はこちら

2位 「不確実性はニュー・ノーマル」、日本企業はダイナミック・ケイパビリティの強化を急げ ―経済産業省 中野剛志氏インタビュー【後編】

2020年版ものづくり白書が5月29日に公開された。ものづくり白書は、ものづくり基盤技術振興基本法(平成11年法律第2号)第8条にもとづく、政府がものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策に関する報告書だ。経済産業省、厚生労働省、文部科学省の3省が共同で作成を行っている。
→詳細はこちら

3位 COVID-19で小売業の「強制DX」が進む ーリテールAIセミナー2020 レポート1

株式会社リテールAIは2020年6月2日にリテールAIセミナー2020をwebにて開催した。基調講演1では筑波大学ビジネスサイエンス系教授 立本博文氏が登壇し、 COVID-19による経済への影響や消費行動の変化、小売業への影響について解説を行った。
→詳細はこちら

4位 サントリー、個客理解を進めるDX事例を紹介 ーリテールAIセミナー2020 レポート2

株式会社リテールAIは2020年6月2日にリテールAIセミナー2020をwebにて開催した。講演の第二弾として、サントリー酒類株式会社 リテールAI推進チーム シニアリーダー 中村直人氏からは、サントリーが現在取り組んでいるマーケティング事例の紹介があった。
→詳細はこちら

5位 IDC、24年末までの国内コンサルティングサービス市場は企業のDX推進により年間平均成長率4.0%で拡大と予測

IDC Japan株式会社は、ビジネスおよびITコンサルティングで構成される「国内コンサルティングサービス市場」予測を発表した。これによると2019年の同市場規模は前年比7.3%増の8,217億円になったとみられ、2024年に1兆円に達するとした。
→詳細はこちら

6位 NECと東京工業大学、偏波MIMO対応ミリ波フェーズドアレイ無線機を開発

昨今の急激な社会情勢などの変化により、人々が物理的に隔離された状況下でも社会・経済活動を円滑に進めていくことが、人々の健康や持続的な社会を維持するために極めて重要となっている。その基礎の一つとなる技術が無線通信であり、特に動画配信やテレワーク、リモート授業などの拡大によって高まる通信需要を満たすものとして、5Gが脚光を浴びている。
→詳細はこちら

7位 ウェザーニューズ、AIを用いた電力需要予測システムを開発

現在、多くの電力事業者では、気象や暦が類似している日の実績を考慮して独自に計算した電力需要予測を基に電力取引を行っている。このため、電力需要予測のより細かい修正には人手が必要であり、より精度の高い電力需要予測を行うためには豊富な経験知を持ったスタッフに頼らなければならないという課題があった。
→詳細はこちら

8位 NECプラットフォームズ、LPWAを活用して水位情報をリアルタイムで可視化する「河川水位IoT監視パッケージ」を販売開始

近年、局地的な大雨等が頻発し全国各地で浸水被害が問題となっており、特に市街地を流れる中小河川において、水位の上昇により水はけが悪化し建物や土地、道路が浸水する内水氾濫のリスクが高まっている。内水氾濫は、急激な水位の上昇により短時間で被害が拡大する恐れがあるため、河川水位のリアルタイムな状況把握と住民に向けた防災情報発信の重要性が高まっている。
→詳細はこちら

9位 富士通、法人向けエッジコンピューティングデバイスを提供開始

近年、さまざまな企業において、最新OS「Windows 10」を搭載したパソコンの導入が加速している。Windows 10では、システムを最新の状態に保つために毎月1回の品質更新プログラム(約1GB)と、年2回の機能更新プログラム(約3GB)の実行が必要だが、これらのWindows Updateによって起こる社内WSUS(※)サーバーへのアクセス集中によるネットワーク負荷が問題となっている。
→詳細はこちら

10位 日立、企業のグローバルIoTビジネスの展開を支援するサブスクリプション型IoT活用サービスを提供開始

近年、あらゆるモノがネットワークにつながるIoT技術の進展により、蓄積されるデータ量は加速度的に増加しており、それらのデータの利活用による新規ビジネスの創出や社会課題の解決への機運が高まっている。中でも、自動車や産業機械などの製品や設備をグローバルに出荷する企業においては、各地域における稼働状況を収集してそれらのデータの利活用を通じて、運用・保守業務の効率改善や新規サービスの立案といった新たな価値創出が期待されている。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

エコモット、3密対策向けIoTサービス「アイテル FRESH AIR」を公式オンラインショップにて提供開始

NTTとMTI、無人運航船実証実験に向けて共同研究契約を締結

Next