IoT人気記事ランキング| DX人材の6つの役割と必要なスキル、など[5/31-6/6]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 DX人材の6つの役割と必要なスキル

この記事では、DX人材とはどういう人材なのか、その役割や、育成方法などについて解説していきます。
→詳細はこちら

2位 Uberの考える、タクシー業界における「ダイナミックプライシング」の有効性

ダイナミックプライシングとは、変動制価格設定のことを言う。Uberが海外で行っているタクシーの利用におけるダイナミックプライシングが未来、日本のタクシーにも導入される動きが出てきている。
→詳細はこちら

3位 IT、IoTとICTとの違い

「IoT」や「ICT」というキーワードは、近年よく目にする。
似ている単語なので、違いがわかりづらいところがあるが、それぞれの意味の違いを理解しているだろうか?
本記事では、IoTとICTの定義と関係性について解説する。

→詳細はこちら

4位 サントリー食品と日立、新工場においてトレーサビリティとIoT基盤を構築・活用を開始

サントリー食品インターナショナル株式会社(以下、サントリー食品)とサントリープロダクツ株式会社は、グループ会社と協働し、株式会社日立製作所との協創を通じて本日稼働開始した新工場において、トレーサビリティとIoT基盤を構築し、活用を開始した。

→詳細はこちら

5位 経産省など、2021年版ものづくり白書を公表

「令和2年度ものづくり基盤技術の振興施策」は、ものづくり基盤技術振興基本法(平成11年法律第2号)第8条に基づく、政府がものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策に関する報告書である。同報告書は、経済産業省、厚生労働省、文部科学省の3省共同で作成作業を行い、閣議決定された。
→詳細はこちら

6位 DX時代の正しい事例の読み解き方(事例マニアはNG)

「次はデジタルトランスフォーメーションだ!」「DXをやろう!」と社内で決まったとき、明確に何かの課題があるわけでもなく、「とにかくデジタルトランスフォーメーションだ!」と掲げる企業が多いものです。

DXという言葉は、デジタルトランスフォーメーションの略なのですが、この言葉には「何を」トランスフォームするのか、ということに触れていません。

つまり、デジタルによって、「何を」トランスフォームするのか、については、みなさんが決める必要があります。
多くの方がDXのプロジェクトでつまずく、初めの原因は、この「何を」の部分が決まらないことなのです。

→詳細はこちら

7位 スマートシティに使える、スマートゴミ箱5選

海外では、街のいたるところにゴミ箱があり、多くの自治体でスマートシティの一環として「スマートゴミ箱」が導入されている。

日本国内の場合、ゴミ箱を置いていない街が多いため、大学やテーマパーク、大型商業施設などの私有地での利用を想定した「スマートゴミ箱」の利用が始まっている。
→詳細はこちら

8位 DXを加速する、アジャイル型組織とは

今回は、実際にDXを実現しようとした時に、既存の組織や既存の業務が全く対応していない場合でも、うまく進めるための組織論について解説します。

→詳細はこちら

9位 DX戦略を作るのに必須となる、5つのビジネスフレームワーク

この記事では、ビジネスフレームワークのうち、昔から使われているものを5つ選び、自社のことを整理するテクニックを学びます。
→詳細はこちら

10位 TED、正常時の設備の時系列データから最適な異常検知モデルを自動生成するAI技術を開発

これまで東京エレクトロン デバイス株式会社(以下、TED)では、収集した設備の正常状態と異常状態のデータから最適な異常検知モデルや故障診断モデルを開発する作業を自動化する、時系列データ自動分析マシン「CX―M」を提供し製造現場の分析作業を支援してきた。
一方で、製造設備によっては異常データ、故障データを短期的に収集することが難しく、データ収集が進捗せずに予知保全システムの構築が不完全に終わるという課題が多くあった。

このほどTEDは、製造設備の異常検知・故障予測による予知保全の実現に向け、正常時の設備の時系列データから最適な異常検知モデルを自動生成する新たなAI技術を開発した。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから