IoTとICTとの違い

「IoT」や「ICT」というキーワードは、近年よく目にする。

似ている単語なので、違いがわかりづらいところがあるが、それぞれの意味の違いを理解しているだろうか?

本記事では、IoTとICTの定義と関係性について解説する。

IoTとは?

IoTとは「Internet of Things」の略語で、直訳すると「モノのインターネット」となる。

あらゆるモノをインターネットに接続するということだ。

センサーによって様々なデータを収集し、インターネットを通じ解析・判断を行うことで、より良いフィードバックを受けることができるというものである。

まず、それぞれの定義についておさらいする。

ICTとは?

ICTとは、「Information and Communication Technology」の略語で、直訳すると「情報伝達技術」となる。

IT(Information Technology)とほぼ同義であると言われている。日本ではITの方が聞き馴染みがあるが、国際的にはICTの方が普及していると言われている。

さらに、ITと異なるのは、Communicationという単語が足されているように、情報を伝達するという部分、そしてそのための技術の活用方法に着目しているという点だ。

IoTとICTの関係性

それぞれの定義から、両者の決定的な違いは、モノが関わるかどうかだが、情報を伝達するという意味では、両者同じようにも捉えられる。

両者の関係性はどう考えれば良いのだろうか。

総務省の「ICTグローバル戦略」における関係性

[参考記事]
総務省、SDGsの達成・Society 5.0の実現に向けて「ICTグローバル戦略」を公表

総務省が公表した「ICTグローバル戦略」のひとつに、「AI/IoT利活用戦略」がある。

この中では、「ICTによって、SDGsの達成やSociety5.0の実現をするためにはIoTを活用することが必要だ」とされている。

つまり、IoTを活用することで、「ヒトとヒト」や「ヒトとモノ」、「モノとモノ」の情報伝達がよりスムーズになるという考え方だ。

総務省の「情報通信白書」における関係性

出典:「令和元年版情報通信白書」(総務省)

さらに、総務省が発行している情報通信白書を見ると、「IoTやAIの登場によって、ICT産業がさらに発展を遂げようとしている」ことがわかる。

また、ICT産業の中でもIoTが急速に普及していることが示されている。

つまり、IoTとは、ICTの中にある概念だと捉えることができるのだ。

このように、IoTとICTは独立した関係のない単語ではない。

IoTを活用し、発展させていくことで、ICTのさらなる発展や、新たな価値の創出につながるだろう。

関連動画

関連記事

IoTを導入するときに知っておくべき必須ポイント

Previous

TOKYO MOTOR SHOW 2019 開催レポート1~空間を演出するコンセプトカー多数

通信キャリア以外でも5G、「ローカル5G」とは?

Next