IoT人気記事ランキング|IFA2017レポートなど[9/4-9/10]

企業:

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 デザインに走るFossil、機能向上のFitbit、スポーツ対応のGarmin、スマートウォッチの行方 ーIFA2017レポート③

ドイツ、ベルリンで開催されているIFA2017のレポート第三弾。
詳細はこちら

2位 レノボはタブレットジョイント型、ソニーはタッチレス操作、自然言語対応スピーカーに求められる要件とは ーIFA2017レポート②

ドイツ、ベルリンで開かれている関電ショーIFAのレポート第二弾。
詳細はこちら

3位 IoTビジネスのアイデアをプロトの制作から事業化まで徹底支援! 『北九州でIoT』プロジェクトの参加者を全国から募集中[PR]

ものづくりのDNAを宿し、新たな事業創出をめざす福岡県北九州市では、IoTをテーマにしたビジネスアイデアコンテスト『北九州でIoT』の参加者を日本全国から募集中だ。
詳細はこちら

4位 後付け冷蔵庫内ビジョンFridgeCom、骨伝導スマートウォッチsgnlなど、IFA NEXTでみるスタートアップの着想 ーIFA2017レポート④

ドイツ、ベルリンで行なわれているIFA2017のレポートの4回目。
詳細はこちら

5位 LGのスマートホームにみる、「プライベート」と「オープン」の両立 ーIFA2017レポート①

ベルリンで毎年開催される、世界最大級の家電ショーIFA。ラスベガスで毎年行われているCESが脱家電化して行っているのに対して、IFAのメインは純然たる家電がメインだ。
詳細はこちら

6位 MicrosoftのMRに対応したヘッドマウントディスプレイ Lenovo Explorerと DELL VISOR ーIFA2017レポート⑤

ドイツ、ベルリンで行なわれている家電ショーIFA2017。レポートの第五弾は、Mixed Reality用のヘッドマウントディスプレイについてだ。
詳細はこちら

7位 JellyWare、HTML/JavaScriptのみでBLEアプリケーション開発ができる「BlueJelly」を公開

JellyWare株式会社は、HTML/JavaScriptのみでBLEアプリケーション開発ができるライブラリ「BlueJelly」を公開した。
詳細はこちら

8位 JapanTaxi、otta、東電HD、タクシーを活用したIoT 見守りサービスを開始

JapanTaxi株式会社、株式会社ottaおよび東京電力ホールディングス株式会社(以下「東電HD」)は、東電HD が提供するIoT 見守りサービス「tepcotta(テプコッタ)」の「動く基地局」としてタクシーを活用するシステムを開発し、本日より東京都渋谷区を中心に本格運用を開始した。
詳細はこちら

9位 DeNA、タクシー配車アプリの実用実験を開始。AIによる需要予測でドライバー支援も実施

株式会社ディー・エヌ・エーは、AIを活用したタクシー配車アプリ「タクベル」の実用実験を、横浜市と一般社団法人 神奈川県タクシー協会の協力のもと、横浜市の限定エリアを対象に2017年9月12日から10月31日まで実施することを発表した。
詳細はこちら

10位 JAL、KDDIなど4社、機内でのVRサービス実証実験を開始

日本航空株式会社 (以下、JAL)、株式会社阪急交通社 、KDDI株式会社、株式会社VRizeの4社は、共同でJALチャーター便を利用した阪急交通社の旅行商品『9月10日 (日) 発 北から南までぐるっと巡る「火の国」アイスランド周遊9日間』に参加のビジネスクラスシート利用の56名 (予定) の顧客を対象に、往路の機内でVRサービス実証実験を行う。
詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

KDDI、LTE-Mを活用したIoTごみ箱の屋外実証実験を実施

楠木建 氏による基調講演をはじめICTの最新情報や最新事例がわかる、内田洋行ITフェア2017開催[PR]

Next