スマートシティ

スマートシティー

スマートシティとは

スマートシティー(Smart City)とは、IoTやAIを活用して街全体を効率化したり、生活しやすくしたりするものだ。

エネルギーの効率化や、交通網の効率化、都市の利便性向上など、海外からの訪問者や、国内の生活者、みんなの生活を便利に豊かにしていく。

昨今、MaaS(Mobility as a Service)やシェアリングエコノミーの話題が多く、新しい技術を取り込むことが街のスマート化だと考える節もあるが、決してデジタル技術だけで街をスマートにすることはできない。

例えば、過疎地に自動運転のクルマを走らせても、過疎の問題は解決せず、人口がそれなりに密集しなければ、公共サービスもままならなくなる。

そこで、ある程度の単位で街に人を集め、農地や工場など仕事がある場所に通うのに、エネルギーを極小化するためにシェアリングサービスやMaaSを利用するといった、根本的な考え方も重要だ。

技術面からだけのアプローチでなく、サステナビリティへの配慮を十分することが必要になる。

基本と事例

スマートシティの基本と事例を紹介します。

解説動画

ほぼ毎日更新!知っておくと役に立つ基礎知識や記事の深堀解説を動画で。Youtubeのチャンネル登録はこちらから。

記事一覧

NECと電中研、光ファイバセンシング技術やAI技術を応用してコンクリート電柱のひび割れ検知の実証実験を実施

NECと電中研、光ファイバセンシング技術やAI技術を応用してコンクリート電柱のひび割れ検知の実証実験を実施

近年、国内の電力送配電事業者においては、送配電設備の保全・工事の担い手不足や災害時の設備被害の状況の迅速な把握といった課題があり、配電設備の点検・管理業務の高度化且つ効率化を実現する仕組みが求められている。特に現在、国内 … Read more

凸版印刷他2社、ディープラーニングによるAI画像解析技術を活用したガードレール支柱の腐食部分を検出するシステムを開発

凸版印刷他2社、ディープラーニングによるAI画像解析技術を活用したガードレール支柱の腐食部分を検出するシステムを開発

道路の安全性維持管理において、舗装路や道路付帯設備は交通規制をかけて詳細点検および補修を行っている。技術者の目視による点検は作業時間がかかり交通規制を行う作業員が必要で、コスト面での大きな課題があった。 凸版印刷株式会社 … Read more

Braveridge、遠隔で水位をリアルタイム監視する「ため池管理システム」の受注開始

Braveridge、遠隔で水位をリアルタイム監視する「ため池管理システム」の受注開始

九州北部豪雨や西日本豪雨では、多くのため池が決壊し甚大な被害が発生した。近年、頻発している豪雨災害を踏まえ、国では防災重点ため池の選定基準を見直し、ため池対策のあり方が大きく変わっている。各自治体では、水位計設置を含め監 … Read more

ウェザーニューズ、土砂災害や河川氾濫の災害リスクを把握する「災害対策判断支援サービス」を提供開始

ウェザーニューズ、土砂災害や河川氾濫の災害リスクを把握する「災害対策判断支援サービス」を提供開始

近年、気候変動の影響で気象災害が頻発、激甚化している。このような環境の変化に適応するため、各施設管理者は平時から事業継続計画(以下、BCP)の策定や見直しを行うほか、災害時には様々な気象・防災情報から短時間で被害を予想し … Read more

東芝エネルギーシステムズ、「省電力無線IoTソリューション」のデータ収集サービス事業を開始

東芝エネルギーシステムズ、「省電力無線IoTソリューション」のデータ収集サービス事業を開始

国内では、水力発電所が1500カ所以上あり、山岳地などでの計測値取得に関してのニーズが多く存在している。また、設備稼働の効率向上や故障予知などの観点から、工場内におけるさまざまな測定値収集へのニーズも高まっている。 東芝 … Read more

スウェーデンのスマホ送金「スウィッシュ」を支えるもの

スウェーデンのスマホ送金「スウィッシュ」を支えるもの

(トップ画像撮影:筆者) まず、筆者の都合で「次回も引き続きスウェーデンの話題」と締めくくってから8ヶ月も経ってしまったことをお詫びしたい。 さて、複雑化する日本とシンプルなスウェーデンのキャッシュレス環境を比較した前回 … Read more

オプテージと山陽電車、AI画像解析技術を活用した踏切遮断中の異常検知に向けた実証実験を開始

オプテージと山陽電車、AI画像解析技術を活用した踏切遮断中の異常検知に向けた実証実験を開始

内閣府の「交通安全白書」によると、鉄道交通の運転事故は長期的には減少傾向であるものの2018年中の踏切における事故発生件数は247件と依然として多く発生している。事故内容としては、自動車との接触が38.5%、歩行者および … Read more

ドコモなど、「モバイル空間統計」を活用した無料循環バスの実証実験を開始

ドコモなど、「モバイル空間統計」を活用した無料循環バスの実証実験を開始

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と株式会社イトーヨーカ堂、ユーズ株式会社は、人口分布を提供するドコモの「モバイル空間統計」を活用して、イトーヨーカ堂が運営するショッピングセンター「アリオ葛西」と周辺地域を結ぶ無料循環 … Read more