自然言語理解のLuminoso、日本に子会社を設立しグローバルな成長を加速

AIを活用した自然言語理解のソリューション開発を手がけるLuminoso Technologies, Inc.は、日本市場におけるLuminosoの製品・ソリューションに対する需要に対応するために、2018年6月28日付で完全子会社である「ルミノソジャパン合同会社」(所在地:東京都千代田区)を日本に設立することを発表した。

Luminosoの自然言語テクノロジーは、カスタマー・サポート・チケット、従業員アンケートの回答、製品レビューなど、何万件にもおよぶ顧客からのリクエストを、ニュアンスを汲んで理解する。

様々な業界のトレンド・トピックや継続的な問題に関するデータの収集、照合、報告には通常数週間を要することが通常だが、Luminosoの技術では、面倒な辞書構築プロセスを省くことにより、こうしたデータの迅速な洗い出しを可能にするという。

Luminosoのソリューションは、顧客コミュニケーションを分析することで、カスタマー・エクスペリエンスの向上を目指すクライアント企業に知見を提供する。

ルミノソジャパン合同会社の設立により日本でも利用できるようになったこの技術は、日本語を含む13の言語に対応しており、国内企業・多国籍企業の両方が利用できる。

東京の新オフィスは、北米、ヨーロッパ、オーストラリアなどの既存セールス・オフィスのグローバル・ネットワークに加わる。

プライベート・クラウド、オンプレミス、そして北米ベースのパブリック・クラウドの既存製品群を補完するため、現在、東京ベースのパブリック・クラウドのためのサポートの導入を進めている。

同社は、他の自然言語分析ソリューションとは異なり、Luminosoのテクノロジーは、何カ月もかかる辞書のセットアップ、何百万ものドキュメント、あるいは業界用語や顧客特有の専門用語、トレンド・トピックの即時学習のための高額なコンサルティングを必要しないとしている。

Luminosoは、導入して数分以下で顧客データの分析を開始できるため、企業は自社の労働力をより有効に活用することができるという。

以下は、顧客活用例の一部だ。

  • 顧客サービスの向上:カスタマー・ジャーニーにおけるプラス/マイナス、および摩擦要因の特定による、積極的な「顧客の声」の取り入れ
  • 社員離職率の低減:「従業員の声」のデータの分析による、従業員が抱える問題の把握、解決
  • 製品の設計見直し:消費者の意見、苦情および追加機能のリクエストをもとにした、市場からの最新フィードバックの活用
  • 市場/競合他社の調査:消費者の好みや競合他社の長所/短所の徹底的な把握による、より情報にもとづいた意思決定
  • 顧客からの問い合わせ経路の向上:より正確な経路の選択による、コスト削減、および満足度の向上

【関連リンク】
Luminoso

Previous

富士通、スポーツにIoT・AIを積極活用、横浜市・慶應大とプロジェクト開始

KDDIなど、5Gで自由視点映像のリアルタイム配信を検証

Next