KDDIと日立、ブロックチェーンと生体ID認証によるクーポン決済実証を実施

KDDI株式会社と株式会社日立製作所 (以下、日立) は、今月25日から26日の期間中ブロックチェーンと生体ID認証を組み合わせたクーポン決済システムの実証実験を行う。

同実証実験では、KDDIおよび日立の一部社員がKDDI直営店au SHINJUKUおよび、ミスタードーナツ高田馬場戸山口ショップにて、指静脈認証によりユーザー登録・本人認証を行った上で、引き換えクーポンを利用する一連の流れを行う。

これにより、ブロックチェーンに適した生体ID認証基盤における課題の洗い出し、ユーザー登録・本人認証の処理時間や利便性を検証する。

近年、ブロックチェーンを活用した新サービスの創出が進んでおり、最近では金融サービスにとどまらず、さまざまなフィールドにおいてブロックチェーンの活用が検討されている。

一方、ブロックチェーンは、複数企業で情報を安全に共有する点で適しているとされているが、第三者機関の仲介なしで取引可能な基盤であるため、本人認証におけるIDやパスワードの管理面で課題もある。

同実証実験では日立の公開型生体認証基盤 (以下、PBI※1) による本人認証を利用したクーポン決済システムを、代表的なブロックチェーン基盤のひとつであるHyperledger Fabric (※2) の環境上に構築し、その有効性を検証する。

PBIは従来の生体認証技術と異なり、指静脈などの生体情報自体を保存する必要がなく、それらを復号困難なデータに変換した公開鍵を用いて認証することが可能。またPBIとブロックチェーンを連携した日立の技術により、盗難や漏えいのリスクが低い生体情報の特徴データを秘密鍵として電子署名を自動生成できるという。

これにより、ユーザーは認証基盤に登録した指をかざすだけで本人認証ができるため、店頭でのクーポンの提示が不要となり、スマートフォンがなくてもクーポンの利用が可能。手ぶらで決済ができるため、従来に比べてクーポン利用の処理手順や時間が短縮され、ユーザーの利便性向上が期待できる。

※1 PBI (Public Biometrics Infrastructure) 技術:
静脈パターンなどの生体情報の「揺らぎ」を補正することで秘密鍵を抽出し、公開鍵暗号方式に基づく電子署名を生成する日立の技術。ICカードやパスワードに依存した鍵管理が不要となり、便利で低コストかつ確実な本人確認が可能な電子認証基盤が実現できる。

※2 Hyperledger:
業界の壁を越えたブロックチェーン技術の進化をめざして発足したオープンソース共同開発プロジェクト。Hyperledger Fabricはブロックチェーンフレームワークインプリメンテーションで、The Linux FoundationがホストするHyperledgerのプロジェクトの1つ。

Previous

MUJINのモーションプランニングAIによる、自動干渉回避 -設計・製造ソリューション展2018レポート2

ダイキンとNEC、執務空間の知的生産性向上に効果的な温度刺激の与え方を実証

Next