オムロン、照明技術を搭載した画像処理システム「FHシリーズ」を発売

オムロン株式会社は、外観検査工程の自動化を促進する画像処理システム「FHシリーズ」を2018年8月1日よりグローバルで順次発売する。

「FHシリーズ」は、検査対象物の特徴に応じて光の角度や色を調整できる「MDMC(Multi Direction Multi Color)照明」により、これまで人の目でしかとらえられなかった色差の低い欠陥の検出や、特徴の異なる欠陥の同時検出を実現する。

近年、モノづくりの現場では品質要求の高まりを受け、製品のキズや欠陥を検査員の目視によって検査する工程が増加する一方、労働力不足が深刻化し、目視検査に従事する検査員の確保が困難になっている。

このような背景の中、画像処理システムによる検査では、作業者の疲れや集中力の低下などの影響を受けずに検査品質を維持できるうえ、不良発生時の原因究明や対象範囲の特定を容易にできる目視検査の自動化への要求が高まっている。

「FHシリーズ」は、「MDMC照明」の導入に合わせて、コントローラーとカメラを刷新し、人の目では判別がつかない検査対象の微小な差異を定量的に検出・判断し、検査結果の数値管理を可能にする。

近年、医薬品業界などで法規制化が進む「検査結果の全数保存」にも、処理速度の高速化と、各種制御機器との通信ネットワークを介した高い同期性によって対応。

また、ソフトウェアによるシーン切替え機能を用いて「MDMC照明」の照明条件を柔軟に変更し、従来は照明の追加や再調整が必要であった生産品目の変更や需要変動による検査項目の追加、変更にも柔軟に対応する。

<主な特徴>

  1. 人の目でしか検出できなかった欠陥も検出可能:
    • 照射光の色や角度を自在に調整できる「MDMC照明」を開発
    • 異なる角度から照明を当てた500万画素以上の高解像度画像を合成することで、凹凸のある欠陥を浮かび上がらせ、混同しやすい検査対象物の模様からキズのみを抽出する「照度差ステレオ処理」を搭載
    • コントラストの低い薄いシミや線キズなどをソフトウェア処理で強調して検出可能にする「前処理フィルタ群」を追加搭載
  2. 高速・高精度な位置決めを簡単にサポート:
    • オムロンセンテック株式会社が有する産業用カメラの小型化技術とオムロンが培った高速画像処理技術により、8000万画素(※)の画像を用いた広視野での位置決めが可能
    • マシンオートメーションコントローラーやサーボモーターといった各種制御機器と組み合わせ、更なる高速高精度な位置決めを「ビジュアルフィードバック」で実現。「FHシリーズ」が検出した位置データをモーターに高速フィードバックすることで、これまでステージの振動や搬送時の細かな位置決め誤差で生じていたリトライの発生を防止し、1ミクロン単位の位置決めを従来比3倍の速度で実行
    • 各社ロボットメーカーの産業用ロボットと画像処理システムを接続して使用する「ピックアンドプレース」などのアプリケーションの立ち上げ時に必要な、ロボットとの通信設定やフローメニューの作成が不要になる「ロボットビジョン設定ツール」を搭載
  3. 検査結果の全数保存に対応:
    • 検査計測を実行するコントローラーの性能強化により、従来比2倍以上の高速処理を実現し、高速検査や検査結果の全数保存を実現
    • EtherCAT通信により、マシンオートメーションコントローラーのデータベースに直接、検査結果を保存でき、検査時の画像データと検査日時やロットといった検査情報と検査結果を、簡単にひも付けて保存が可能

※8000万画素の画像は、最大4つの2040万画素カメラで同時に撮像・転送した画像を1枚の画像に合成したもの。

Previous

SONY、コミュニケーションロボット「Xperia Hello!」の開発者向けSDKを提供開始

バーチャルホームロボット「Gatebox」量産モデル、予約販売を開始

Next