10分で振り返る、今週のIoTNEWS人気記事 [12/26 – 1/8]

みなさんいかがお過ごしですか?年末年始があったので、今週は2週間分の人気記事を発表します。
なお、細かな解説については、メルマガで行いますのでよかったらこちらをどうぞ。

第10位:オムロンヘルスケア、脳・心血管疾患の発症ゼロを目指して、新しい血圧計を開発

オムロンヘルスケア、脳・心血管疾患の発症ゼロを目指して、新しい血圧計を開発
オムロンは長らく活動量計の分野が強かったが、Fitbitに代表される最近の米国ヘルスケア企業に押されているのか、最近は血圧計の分野を押しているとも思われる。CESでもこの展示であったことから力の入れ具合が類推される。

第9位:「オフィスをクラウドでデジタライゼーションする」 株式会社内田洋行 営業統括グループ第2企画部 部長 村田義篤氏 -第19回八子クラウド座談会レポート(5)

内田洋行 村田氏
内田洋行のオフィスソリューションだ。さすがはオフィス機器メーカーだけあって、自分たちのオフィスでテストもしているという。

第8位:2016年 IoT(モノのインターネット)関連 展示会・イベント一覧

ioT 展示会スケジュール
今年一年のイベント一覧だ。年明け早々CESがあったが、今年はIoT関連のイベントはとても増えそうな予感がする。

第7位:ここまで来てる、トヨタの自動運転技術 CES2016レポート

image
CES2016でのトヨタブースをレポートした。自動運転に関する取り組みの展示が少なく、肩透かしを食らった感があるが、日産も自動運転を表明していおり、TESLAも国内での自動運転カーの販売が可能となった。日本でも今後急速に自動運転カーが普及していくだろう。

第6位:スマホアプリも簡単構築できる、BaaSサービス -Kii 株式会社 CEO 荒井氏インタビュー(1/2)

IoTで「販売」までサポートするエコシステム”Space” Kii 株式会社 CEO 荒井氏インタビュー(2/2)

Kii 株式会社 代表取締役会長 荒井真成氏
Kii 株式会社 代表取締役会長 荒井真成氏
BaaSというのはBackend as a Serviceの略で、要はモノを作ればクラウド部分はやりますとうことだ。BaaSの紹介と、それを含めたエコシステムまで構築しようとしているお話は鳥肌モノだった。

第5位:イノベーションを起こすビジネス開発手法 -Design for all 成迫剛志氏 -第19回八子クラウド座談会レポート(4)

デジタライゼーション
最近流行っている、「デザイン思考」についてだ。いろんな整理方法を知ることでイノベーションを起こすきっかけになるのかもしれない。

第4位:AIの雄、ABEJA 岡田氏が語る、industry5.0 – Everything is Connected! Everything is Automated! ー第19回八子クラウド座談会レポート(3)

ABEJA 岡田氏
AIといっても主にDeep Learningの分野について研究とサービスを行っているABEJAの岡田氏のプレゼンを聞いた。画像認識精度は世界的にも誤認率5%と、人と変わらないレベルになってきている。これを活用したサービスをまずはスタートさせ、他の情報も集めることで、さらなる付加価値情報を作るというのだ。

第3位:CASIOのスマートアウトドアウォッチ CES2016レポート

image
CES2016でのCASIOブース展示商品だ。アウトドアを楽しむ人は、こういう機能のついたスマートウォッチを待っていたのではないだろうか。CASIOのこれまでのノウハウが存分に生かされた商品となっているので注目したい。

第2位:[IoTをゼロベースで考える 第18回]2016年のIoTを占う

IoTイメージ
念頭に昨年の振り返りと今年のIoT業界について書いた。

第1位:IoT PoCパッケージ ー三井物産エレクトロニクス、ウフル インタビュー

手軽にセンサーで情報を集める「IoT PoCパッケージ」、三井物産エレクトロニクス、ウフル 担当者インタビュー
センサーノード
いきなり大規模にセンサーを導入し、取得した情報を蓄積するクラウドと、管理画面をイメージしてサービスを始めるのは困難だ。そういうところに目をつけた、PoC(Proof of Concept)サービスが始まった。
今後、こういったPoCがある程度できるサービスを利用してイメージを膨らますことが増えるのかもしれない。

いかがでしたか?今週のランキングの中で気になったことのうち、

  • 今週のランキングから、PoCという考え方を解説する
  • 人工知能を標榜する企業が増えてきているのはなぜか?
  • ブログでは書けないCESの話 出店していないアノ企業の有名経営者がブースを構える理由
  • スポーツシューズメーカーでどういうモノを作ったらよいか

というあたりは、来週月曜日発行のメルマガで詳しく、丁寧に解説します。

メルマガは初月無料なので、よかったら購読してみてください。

メルマガの登録はこちらから

Previous

足を計測する、ウェアラブルデバイス CES2016レポート

Fitbit, Misfitに見るウェアラブルバンドの方向性 CES2016レポート

Next