ここまで来てる、トヨタの自動運転技術 CES2016レポート

コネクテッド・カーといっても自動運転技術まで展示している企業が少なかったCES2016。その中でもトヨタ・レクサスは近未来のコンセプトカーの展示と、自動運転の技術についての展示があった。

衝突を避ける人工知能

まずは、自動運転の時に衝突しない人工知能についてだ。下の図は衝突の回避を学習している状況だ。はじめはシミュレーション上も衝突してしまっているのだが、次第に衝突を回避するようになってくる。最後は複雑な動きを指示しても衝突しなくなるというものだ。

image

時間を追うごとに人工知能が賢くなっていく状況がよく分かる。

image

自動運転の衝突安全のためのセンサー

センサーについては、以下のようにクルマの複数箇所に付けられている。これでクルマの大半の位置について他のクルマがいるかどうかのセンシングを行う。

トヨタ 自動運転

トヨタ 自動運転

トヨタ 自動運転

さらにこのセンサーはクルマに迫る障害物が、クルマかヒトかまで識別する。

image

右から左車線に入る時も、図のように位置を決めてから入っていくという流れだ。

トヨタ 自動運転

街の情報もクラウドに蓄積されていき、よりインテリジェントなクルマライフが実現されるのだ。

image

こうして、センサーから取得した情報と、ディープラーニングによって賢くなったクルマが自動運転が実現されていく。

トヨタの考える未来のクルマ

また、同じブースで未来のクルマについてのコンセプトカーの展示もおこなわれていた。

image

image

image

【関連リンク】
トヨタ、2016 CESで人工知能研究新会社Toyota Research Institute, Inc.(TRI)の体制と状況を公表
トヨタ、「スマートデバイスリンク(SDL)」を用いた車載システムを商品化
トヨタ自動車、自動運転の早期実現を可能にする地図自動生成システムを開発
トヨタ、AI(人工知能)を活用し自動運転とロボットに興味を示し、研究開発拠点を設立
TOYOTAが考える自動運転 ー東京モーターショー2015
CES 2016レポート一覧

Previous

NVIDIAの自動運転技術 CES2016レポート

PTC ThingWorx、スマートシティ ソリューション推進に向け、Envision Americaに参加

Next