Shiftallの初出展は、「DrinkShift」 ーCES2019レポート⑪

ラスベガスで開催されているCESレポート第11弾は、JETROが支援するJ-Startupで出展していた、Shiftallについてだ。

Shiftallというと、モノ作りベンチャーである、Cerevo社を起業した岩佐氏(トップ画像)が、古巣のパナソニックの資本を受けて作った設立したことでも話題になった。

今回初出展となるCESで展示されていたのが、「DrinkShift」と呼ばれるサービスで、スマートフォンアプリと専用冷蔵庫を組み合わせることで、庫内のビール残数や利用者の飲むペースを自動で判断し、好きなビールを最適なタイミングでご自宅やオフィスへとお届けするということだ。

仕組みとしては下の図にあるように、国内外の様々なクラフトビールを庫内に入れておくと、残数状況をシステムが管理、無くなる時期を予測して自動発注を行うというものだ。

CES2019 Shiftall
DrinkShiftのイメージ(Shiftallホームページより)
CES2019 Shiftall
冷蔵庫からビールを取ると
CES2019 Shiftall
銘柄と残量を判断、切れる前に自動発注する

個人的な感想だが、ビールはどんどん開けていくというところがあるので、いざ飲みたいと思った時に残り一本という状況になっていることも多い。

いくつかのクラフトビールを買っておいて、気分で飲んでいく。飲んだら適切なタイミングで発注をかけてくれるというこのソリューション、ビール専用冷蔵庫のニーズは実際にありそうだ。

活動が見えてきた、Shiftall、次は、何を「Shift」してくれるのか楽しみだ。

CES2019 Shiftall

■CES2019レポート

  • トヨタの実用的な自動運転技術「Toyota Guardian™」
  • LGキーノート「テクノロジーは生活をより良くしたか?」
  • IBMキーノート「次のAIとは。よりよい社会に向けて」
  • ベライゾンキーノート「すべてを変える5G」
  • 「VIAROOM Home」の展示に見る、スマートホームの「インテリジェント化」
  • つながるだけじゃない、生活空間のハブになるWhirlpoolのIoTオーブン
  • 自動運転の社会をみすえ、モビリティ各社が考えていること
  • HONDAは独自の「ロボティクス」技術を発信、開発パートナーを募る
  • Qualcommブースで見えた5Gデバイスの裏側とC-V2Xの今
  • IoTフル活用のボッシュが、モビリティの未来を見せる
  • Shiftallの初出展は、「DrinkShift」
  • TOTOの公共トイレの見える化
  • YAMAHAは、ドローンや新しい乗りものを展示
  • BOSCHのインテリジェント棚
  • 新設のスポーツテックエリアはエンタテイメント
  • SAMSUNG、LGのスマートホーム
  • Previous

    IoTフル活用のボッシュが、モビリティの未来を見せる ーCES2019レポート⑩

    ザイリンクスとZF、AIイノベーション・自動運転開発を共同で実現

    Next