BOSCHのインテリジェント棚 ーCES2019レポート14

ラスベガスで開催されていたCES2019レポートの第14弾はBOSCHだ。

この展示では、棚の上部に「プロジェクター兼センサー」となるデバイスを取り付けて、棚の端の部分をタッチパネルのように操作可能としているものだ。

CES2019 BOSCH
棚の上部につけられた、プロジェクター兼センサーデバイス

この技術自体は、以前よりソニーのプロジェクターなどで実現されていたが、ユースケースが面白い。

例えば、洋服屋で商品棚に展示している洋服の補助情報を表示したり、色違いを表示したりする利用シーンが展示されていた。

CES2019 BOSCH

実際、ショールーミングと呼ばれる、「手に取ってみるのは店舗で、購入するのはネットで」と言われる行動があるが、この仕組みであれば、買い物かごにまでは店舗で入れておいて、購入は後でするということも簡単にできそうだ。

アパレル以外にも利用シーンが多くありそうなこの仕組みは、モジュールの開発も自社で行なっているということだ。

CES2019 BOSCH
自社で開発しているというモジュール

■CES2019レポート

  • トヨタの実用的な自動運転技術「Toyota Guardian™」
  • LGキーノート「テクノロジーは生活をより良くしたか?」
  • IBMキーノート「次のAIとは。よりよい社会に向けて」
  • ベライゾンキーノート「すべてを変える5G」
  • 「VIAROOM Home」の展示に見る、スマートホームの「インテリジェント化」
  • つながるだけじゃない、生活空間のハブになるWhirlpoolのIoTオーブン
  • 自動運転の社会をみすえ、モビリティ各社が考えていること
  • HONDAは独自の「ロボティクス」技術を発信、開発パートナーを募る
  • Qualcommブースで見えた5Gデバイスの裏側とC-V2Xの今
  • IoTフル活用のボッシュが、モビリティの未来を見せる
  • Shiftallの初出展は、「DrinkShift」
  • TOTOの公共トイレの見える化
  • YAMAHAは、ドローンや新しい乗りものを展示
  • BOSCHのインテリジェント棚
  • 新設のスポーツテックエリアはエンタテイメント
  • SAMSUNG、LGのスマートホーム
  • Previous

    YAMAHAは、ドローンや新しい乗りものを展示 ーCES2019レポート13

    新設のスポーツテックエリアはエンタテイメント ーCES2019レポート15

    Next