YAMAHAは、ドローンや新しい乗りものを展示 ーCES2019レポート13

ラスベガスで開催されていたCES2019レポートの第13弾はYAMAHAだ。

YAMAHAというとピアノなど楽器イメージを持つ方と、バイクなどの乗り物のイメージを持つ方がいると思う。

今回は、乗り物のYAMAHA発動機の方だ。

70kgを2時間運ぶことができるドローン

ドローンというとマルチコプターを思い浮かべる方も多いと思うが、実は農薬散布などの領域では、以前からこのYAMAHAのヘリコプターのような形状のドローンはシェアが高い。

今回の展示(トップ画像)では、離島などへの物資輸送も視野に入れて思いモノを運ぶことができる機体を開発したのだという。

貨客混載可能な陸送ドローン

CES2019 YAMAHA

現在、過疎地などを中心に、「貨客混載(人と荷物を混載する)」を視野に入れた自動運転での移動手段が模索されている。

YAMAHAが展示したこの陸送ドローンは、コンセプトモデルではあるが、貨客混載をイメージすることができるものとなっていた。

お風呂の蓋のように、椅子部分をたたむと荷物だけが乗るようになるし、広げると人が4人乗ることができるという仕組みだ。

CES2019 YAMAHA

のんびり田舎道を走っているイメージがつく展示だった。

小回りのきくスクーター

CES2019 YAMAHA

さらに、小回りのきくスクーターも展示されていた。このスクーターは、電気で動くのだが初心者でも簡単に操作できるようになっているだけでなく、体重移動によって曲がることが簡単なのだという。

実際に乗っている状態で、止まっていても転ぶことがないというのも嬉しい。

CES2019 YAMAHA

現在公道で走ることができるかどうかは、明確になっていないということだが、自転車でもなく、バイクでもない、中間のチョイ乗り移動手段としてあると便利だなと感じた。

■CES2019レポート

  • トヨタの実用的な自動運転技術「Toyota Guardian™」
  • LGキーノート「テクノロジーは生活をより良くしたか?」
  • IBMキーノート「次のAIとは。よりよい社会に向けて」
  • ベライゾンキーノート「すべてを変える5G」
  • 「VIAROOM Home」の展示に見る、スマートホームの「インテリジェント化」
  • つながるだけじゃない、生活空間のハブになるWhirlpoolのIoTオーブン
  • 自動運転の社会をみすえ、モビリティ各社が考えていること
  • HONDAは独自の「ロボティクス」技術を発信、開発パートナーを募る
  • Qualcommブースで見えた5Gデバイスの裏側とC-V2Xの今
  • IoTフル活用のボッシュが、モビリティの未来を見せる
  • Shiftallの初出展は、「DrinkShift」
  • TOTOの公共トイレの見える化
  • YAMAHAは、ドローンや新しい乗りものを展示
  • BOSCHのインテリジェント棚
  • 新設のスポーツテックエリアはエンタテイメント
  • SAMSUNG、LGのスマートホーム
  • Previous

    TOTOの公共トイレの見える化 ーCES2019レポート12

    BOSCHのインテリジェント棚 ーCES2019レポート14

    Next