新設のスポーツテックエリアはエンタテイメント ーCES2019レポート15

ラスベガスで開催されていたCES2019レポート第14弾はスポーツテックだ。

実は、以前からウエアラブルエリアの付近にスポーツテックの展示はあったのだが、今回新しくコーナーができていた。

様々なスポーツに合わせた技術展示となっていて、スポーツだけに展示ブースは多くの人で賑わっていた。

ボクシングマシーン

CES2019 SPORTSTECH

この展示は、ボクシングの練習をするマシンにセンサーを取り付けることで、どういうパンチを繰り出したかを可視化しトレーニングに役立てるというものだ。

ゴルフマシーン

CES2019 SPORTSTECH

ゴルフマシーンは国内でもシミュレーションゴルフとしてすでに体験したことがある方もいると思うが、それと特に違うものではなかった。

VRホッケー

CES2019 SPORTSTECH

VRヘッドセットをつけたホッケーだが、スケートはない状態なのでこの体験が練習になるものなのか少し疑問が残った。

これ以外でも乗馬やバスケなど、様々なスポーツの展示が行われていて、実際にこれで練習をするのか、という疑問は残るものの、体を動かすゲームとしてはとても面白いものなので、様々なイベントや施設での利用が見込まれると感じた。

■CES2019レポート

  • トヨタの実用的な自動運転技術「Toyota Guardian™」
  • LGキーノート「テクノロジーは生活をより良くしたか?」
  • IBMキーノート「次のAIとは。よりよい社会に向けて」
  • ベライゾンキーノート「すべてを変える5G」
  • 「VIAROOM Home」の展示に見る、スマートホームの「インテリジェント化」
  • つながるだけじゃない、生活空間のハブになるWhirlpoolのIoTオーブン
  • 自動運転の社会をみすえ、モビリティ各社が考えていること
  • HONDAは独自の「ロボティクス」技術を発信、開発パートナーを募る
  • Qualcommブースで見えた5Gデバイスの裏側とC-V2Xの今
  • IoTフル活用のボッシュが、モビリティの未来を見せる
  • Shiftallの初出展は、「DrinkShift」
  • TOTOの公共トイレの見える化
  • YAMAHAは、ドローンや新しい乗りものを展示
  • BOSCHのインテリジェント棚
  • 新設のスポーツテックエリアはエンタテイメント
  • SAMSUNG、LGのスマートホーム
  • Previous

    BOSCHのインテリジェント棚 ーCES2019レポート14

    SAMSUNG、LGのスマートホーム ーCES2019レポート16

    Next