名鉄タクシーホールディングス、MAMORIOを活用した忘れ物自動通知サービスを導入

名鉄タクシーホールディングス株式会社およびタクシー事業会社6社では、忘れ物が年間約6,000件発生している。

このほど、忘れ物を顧客に返却する体制を強化するため、名鉄タクシーホールディングスとタクシー事業会社6社は、MAMORIO株式会社が提供する忘れ物通知サービスを導入し、4月1日から運用を開始する。

同サービスは、MAMORIO製の紛失防止タグ「MAMORIO」と、タグから発信される電波を検知する専用アンテナ「MAMORIO Spot」で構成される。顧客が、「MAMORIO」を付けた所持品を下記タクシー会社が運行するタクシーの車内に置き忘れ、同品が忘れ物集約施設に移送されると、設置した専用アンテナがタグを検知し、顧客のスマートフォンにその位置情報と連絡先を自動的に通知する。

名鉄タクシーホールディングス、MAMORIOを活用した忘れ物自動通知サービスを導入

導入を開始する会社は以下の通り。

  • 名鉄タクシーホールディングス株式会社
  • 名鉄交通第一株式会社
  • 名鉄交通第二株式会社
  • 名鉄交通第三株式会社
  • 名鉄交通第四株式会社
  • 愛電交通株式会社
  • 名鉄名古屋タクシー株式会社

既に導入済みの名古屋鉄道株式会社とともに、顧客サービスの更なる向上を図るとした。

Previous

KDDI、「スマート保育園プラットフォーム」の開発・展開に向けてKids Diaryへ出資

観光地宮島の課題をハッカソンで解決 ー宮島 Digitalization Hack2019 レポート1

Next