ウェザーニュース、企業や自治体のDX推進を気象データで支援するWxTech(ウェザーテック)サービスを開始

天気は、防災の観点において重要な要素であると同時に、人の行動や意思決定を左右させ、様々なビジネスに直接的または間接的に影響を及ぼす要素でもある。テクノロジーの発展に伴うデータやデジタル技術を駆使した新しいビジネスモデルが展開され、各企業において、競争力維持や強化のためのデジタルトランスフォーメーション(DX)が急務となる中、ビジネス分析や予測の基礎となる天気の情報は、DXを推進する上で重要なデータとなる。

株式会社ウェザーニューズは、企業のビジネス課題や社会課題解決を気象データの切り口から支援するWxTech(ウェザーテック)サービスを2020年5月28日より開始した。また、サービスの開始にともない専用サイトを同日にオープンし、様々なビジネス分析や予測に活用できる「気象データAPI」の提供を開始した。

WxTechサービスは、容易に導入できる気象データAPIなどを備え、企業や自治体のDX推進をサポートするものだ。気象データとビジネスデータとの関係を分析し、天気がビジネスに及ぼす影響を明らかにすることで、業務の最適化や効率化、ビジネスリスクやロスの低減など、持続可能なビジネスの実現だけでなく、利益の最大化や新たなビジネスチャンスの創出、市場のニーズに合わせたマーケティングなど、攻めのビジネスへの有効活用を見込んでいる。

ウェザーニューズは同社が培ってきた各業種の気象リスクを予測するノウハウと、きめ細かく、正確に天気を解析・予測する技術を活用し、ビジネスに役立つ気象データの提供および気象データの活用方法を提案する。

「気象データAPI」の提供について

WxTechサービス専用サイトでは、1kmメッシュの天気予報データや過去天気データ、紫外線や花粉などの各種指数データなど、各業種のビジネスに活用できる気象データを取得する「気象データAPI」を提供する。

特長

1kmメッシュ天気予報データと1kmメッシュ過去天気データでは、全国13,000地点にも及ぶ日本最大の気象観測網と、ユーザーから寄せられる天気報告を活用した高解像度かつ高精度な天気データを提供する。メッシュを細かくすることで、局地的な気象現象を含む、より詳細な天気の表現ができるため、データの精度も高まる。

5kmメッシュと1kmメッシュでの気象データ比較。1kmメッシュでのデータは、より細かく天気を確認できる
5kmメッシュと1kmメッシュでの気象データ比較。1kmメッシュでのデータは、より細かく天気を確認できる

この詳細な気象データを活用することによって、例えば小売業における店舗周辺の気象条件と来店者数・売上との関係のきめ細かい分析といった、高度な業務最適化やマーケティングにつなげることができる。また、APIによる最新データの取得による、リアルタイムでのビジネス活用も見込んでいる。

そのほか、紫外線や熱中症、花粉などの各種指数もラインナップしており、季節商品の販促などにも活用することができる。

「気象データAPI」概要

天気予報データ

  • 1kmメッシュ ピンポイント天気予報
  • 5kmメッシュ 世界の天気予報
  • 250mメッシュ 高度別天気予報
  • 天気予報 専門家コメント

過去の天気データ

  • 1kmメッシュ 高解像度 過去天気データ
  • 実況天気と過去の天気データ(アメダス)

生活指数

  • 熱中症指数
  • 花粉指数
  • 紫外線指数
  • 洗濯指数

ビジネスデータと気象データの相関分析を無料で実施

WxTechサービス専用サイトでは、データのラインナップや料金構成を閲覧できるほか、社内のビジネスデータと気象データとの相関の簡易分析を無料で試すことができる。簡易分析では、入力いただいたビジネスデータと相関のある気象要素と相関係数を表示する。

Previous

EDGEMATRIX、カメラ映像などをエッジで処理するAIプラットフォーム「EDGEMATRIX」を提供開始

ウフル、IoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて3密をセンサーで検知し可視化するシステムを提供開始

Next