IoT人気記事ランキング|ミスミが中小製造業への支援策発表など[8/24-8/30]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 ミスミ、中小製造業への支援策発表、7月中旬から新生meviyがスタート

3DCADで作った設計図面をもとに、自動見積もり、製造を行うことで、最短即日出荷が可能となるオンデマンド製造を実現する、ミスミのmeviy。以前のIoTNEWSのインタビューでも、細かくできることを解説している。今回の発表では、株式会社ミスミグループ 本社常務執行役員、3D2M企業体社長 吉田光伸氏(トップ画像)より、現状での到達点や、7月中旬にリリースされた新生meviyのこと、そして、人材不足に苦しむ中小製造業のための支援策についての発表があった。
→詳細はこちら

2位 「ファストDX」でレガシー企業の顧客接点を変えていく ――オプトデジタル 代表取締役 野呂健太氏インタビュー

株式会社デジタルホールディングスのグループに、また一つ新たな企業が誕生した。「ファストDXカンパニー」として、企業のDXサービス創出をシステム開発から支援する、株式会社オプトデジタルだ(本年4月1日に設立、株式会社オプトが100%出資)。
→詳細はこちら

3位 「イノベーション型」で攻めのデジタルシフトを実現する ――デジタルホールディングス代表取締役社長 野内敦氏インタビュー

株式会社オプトホールディングは、本年7月1日より株式会社デジタルホールディングスに商号を変更。事業戦略・経営体制を刷新し、従来の「インターネット広告代理事業」から「デジタルシフト事業」への転換を加速させるとした。
→詳細はこちら

4位 凸版印刷、バッテリーレス表示機能付きRFIDタグ「Near cross D 2.9」を提供開始

近年、少子高齢化に伴う就労人口の減少から人手不足が深刻な課題となっている。製造現場では製品管理のために物流ラベルの貼り替えや指示書の作成など煩雑な作業を行わなくてはならず、作業の簡易化や効率化が求められている。また、製造現場では省資源化や省エネなど環境への配慮が求められている。
→詳細はこちら

5位 NECとローソン、デジタル技術を活用した店舗オペレーションと売上向上に向けた実証実験を開始

日本電気株式会社(以下、NEC)と株式会社ローソンは、インドネシア共和国内のローソンGraha Tamiya店にて、デジタル技術を活用した店舗オペレーションの効率化と売上向上に向けた実証実験を8月25日~9月30日に実施する。
→詳細はこちら

6位 東芝エネルギーシステムズ、「省電力無線IoTソリューション」のデータ収集サービス事業を開始

国内では、水力発電所が1500カ所以上あり、山岳地などでの計測値取得に関してのニーズが多く存在している。また、設備稼働の効率向上や故障予知などの観点から、工場内におけるさまざまな測定値収集へのニーズも高まっている。
→詳細はこちら

7位 フィットビット、ストレス管理目的の皮膚電気活動センサー内蔵のスマートウォッチ「Sense」を発売

昨今、3人に1人が心配事やストレスを体験し、ストレスによる心理的、身体的症状を持っていると言われている 。ストレスによる身体的負担は、時間の経過とともに、放っておくと高血圧、心臓病、肥満、糖尿病、そして、不安やうつ病といった精神疾患にかかるリスクを高める。
→詳細はこちら

8位 デンソーウェーブ、IoT Data Server/IoT Data Shareの新拡張機能「Cloud Connector for Microsoft Azure」をリリース

総務省が発行している「令和元年版 情報通信白書」によると、世界の産業用IoTデバイス数は2018年の約60億台から2021年に約146億台に増加し、年平均34.1%の成長率が見込まれるなど、近年急速に産業用途の機器がネットワークにつながっているという。
→詳細はこちら

9位 オムロン、製造現場を再現したFA技術の集積拠点 「オートメーションセンタ」のバーチャル見学提供を開始

現在、モノづくり現場は、従来からの課題であった多品種少量生産や熟練工不足に加え、新型コロナウイルス感染拡大防止のための3密回避や人手作業の自動化など、ニーズが急速に変化すると同時に、AIやIoT、ロボティクスなどの技術革新によりシーズも進化している。
→詳細はこちら

10位 NECネッツエスアイ・GMOクラウド他5社、ビル統合管理システム「DBM」を用いた スマートビルディング実証実験を開始

人手による作業に頼り、莫大なコストがかかるビルの運営や保全・運用管理などのビルメンテナンスの国内市場規模は、約3兆9,952億円といわれており、人材不足や競争激化などの深刻な課題にも直面している。このような状況のなか、人件費率57.7%の「労働集約型」の低効率な業態でもあり、ビルメンテナンスは最もICT化の遅れている分野の一つといわれている。
→詳細はこちら
 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

ソフトバンク・双葉電子・東京工業大学、ドローン無線中継システムを用いた遭難者などの位置特定の実証実験に成功

凸版印刷・NTT東日本・NICT他6社、自動同時通訳技術の研究開発コンソーシアムを設立

Next