IoT人気記事ランキング|ソニーネットワークコミュニケーションズヨーロッパに見る、IoT通信における「LTE-M」と「NB-IoT」の選択事例など[12/21-1/3]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 ソニーネットワークコミュニケーションズヨーロッパに見る、IoT通信における「LTE-M」と「NB-IoT」の選択事例

ソニーネットワークコミュニケーションズヨーロッパは、ヘルスケアおよび物流業界を対象としたIoT技術に基づく革新的な追跡システム「Visilion」を開発。世界的にIoTサービスを展開するTelenor Connexion(テレノールコネクション)をパートナーに選び、追跡システムの通信方式としてLTE-Mの採用を決定した。LTE-MとNB-IoTのどちらを導入すべきか迷っている企業に、参考となる事例を紹介する。
→詳細はこちら

2位 「スモールサクセスの共有で理解者を増やす」味の素が取り組むスマートファクトリー ―UCHIDAビジネスITオンラインセミナーレポート

株式会社内田洋行は、11月10日にUCHIDAビジネスITオンラインセミナーを開催した。今回のテーマは「マニュファクチャリング4.0を見据えた味の素の工場デジタル化への取り組み」だ。セミナーでは味の素株式会社 食品事業本部 食品生産統括センター 食品技術部 スマートファクトリーグループ長 樋口貴文 氏とIoTNEWS 代表 小泉耕二が登壇し、味の素が取り組む工場のDXについて対談を行った。
→詳細はこちら

3位 IIJ、LoRaWAN対応のため池用水位センサーおよび静止画カメラを提供開始

農村インフラとして重要な水利施設であるため池や河川、農業用水路等については、風水害時に水位の迅速な把握が必要だが、同時に、遠隔監視によって人員の安全を確保することが求められる。国や県が管轄する一級河川や二級河川では、国土交通省開発の機器管理型水位計の導入が進められているものの、精度が高い反面高額なため、小さな農業用水路やため池では導入が難しい。
→詳細はこちら

4位 トヨタ、自動運転EV「e-Palette」の運行管理システムを開発

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により人々の生活様式が変化し、「人と接触せずに移動する」、また「人が移動するのではなく、モノやサービスが来る」など、モビリティへのニーズは多様化している。トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、Autono-MaaS(※1)専用EV「e-Palette」の実用化に向け、そのサービス提供を支える運行管理システムを公開した。
→詳細はこちら

5位 自動運転時代を見越した、キャリアアップサービス「Showfar」の実証プロジェクト ーパーソルキャリア、MONET Technologies

東京圏における1日の1人当たりの平均通勤時間は1時間45分(NHK放送文化研究所調べ)とされていて、通勤に費やす時間をどう有効活用するのかということについては、各個人がいろんな方法を模索しているところだろう。
→詳細はこちら

6位 ソフトバンクとパナソニック、クラウド上で映像制作が完結できるシステムを共同開発

近年、インターネット配信の増加などにより映像コンテンツの需要は拡大しているが、映像制作の人材不足に加えて、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、現場集中型のワークフローが課題となっている。また、近年の映像コンテンツの高度化による制作機材のコスト増加が放送局や映像制作会社の負担となっており、映像制作のプロセス改革が求められている。
→詳細はこちら

7位 無料トライアル受付中~AIを用いた『文字起こしサービス(ベータ版)』評価を行うモニター募集開始

株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下:NTTPC、代表取締役社長:田中基夫、本社:東京都港区)は、 AIを用いた文字起こしサービス(ベータ版)の無料トライアルの提供を開始し、あわせてベータ版サービスの評価を行うモニターの募集も開始した。
→詳細はこちら

8位 DNP、デジタル教科書のクラウド配信サービスの配信基盤を構築

文部科学省は、「GIGAスクール構想」を進めるなか、タブレット端末などに表示する「学習者用デジタル教科書」を、2021年度に全国の最大7割の国公私立小中学校に配備する方針を発表した。デジタル教科書実証事業に関連する予算は、総額22億円が計上される見込みである。→詳細はこちら

9位 経営共創基盤、地方創生に向けた投資・事業経営会社「株式会社日本共創プラットフォーム」を設立

GDPの7割、雇用の8割を構成する我が国の基幹産業であるサービス産業を中心とした地域密着型の産業群で構成されるローカル経済圏は、労働生産性の課題や事業承継等の問題を抱えている。また、かつて地域経済を支えていた製造業においても事業環境は厳しく、ローカル経済圏は持続可能性の危機に直面しており、わが国の未来にとって重要な課題となっている。
→詳細はこちら

10位 スマートホームサービス「MANOMA」、シーリングライトを取り入れたプランの提供を開始

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社はスマートホームサービス「MANOMA(マノマ)」において、離れて暮らす家族とライトを通じた双方向のコミュニケーションと見守りができる新プラン「MANOMAライトプラン」を提供開始した。
→詳細はこちら
 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

TRUST SMITH、自動運転車による工場内の事業自動化を支援する関連会社「SMITH&MOTORS株式会社」を設立

日立と静岡銀行、次世代オープン勘定系システムを稼働開始

Next