ハイデルベルグ、PTCのThingWorxテクノロジー導入によりプリンターやシステム向けのスマートサービスを提供

PTCの日本法人であるPTCジャパン株式会社は、世界の印刷業界向けに製品を提供する主要企業であるハイデルベルグ・ドルックマシーネン(以下、ハイデルベルグ)がThingWorx®テクノロジーを選定・導入し、25,000台を超える印刷機やソフトウェアモジュールに対し遠隔監視とサービスの提供を実施し、導入効果としてサービス提供と顧客満足度において大幅な向上が実現できたという発表を明らかにした。

ハイデルベルグは、各顧客向けに、高度に自動化された多目的ハイテクマシンをドイツで製造し、高品質な汎用モデルを中国で製造している。また、同社は大規模なサービス事業を展開しており、売上の4割がサービス、消耗品、補修部品で占めている。約12,500名の従業員が世界170か国にわたる顧客に対応している。

ハイデルベルグは、小さな部品の不具合やシンプルなソフトウェアエラーであっても、印刷機の停止による新聞、書籍、ポスター、パッケージ等の大量生産の中断に至るまでの恐れがあることを認識している。顧客の重要な事業への対応とハイデルベルグの競争における差別化にとってアップタイム(使用可能時間)の重要性を考慮し、同社は幅広いIoTソリューションを詳細にわたり精査した。

ハイデルベルグは、接続性、セキュリティ、完全性を考慮してThingWorxプラットフォームを選定した。現在、ThingWorxテクノロジーを基盤とするハイデルベルガー・リモートサービスが50か国で利用されており、毎月3,000件に上るリモートセッションが実施されている。案件全体の70%以上を遠隔的に解決し、コストの低減と顧客満足度の向上を実現している。

 

ハイデルベルグ システムサービス担当バイスプレジデントでオペレーションを統括するウヴェ・ガルム(Uwe Galm)氏は「今回の新たなソリューションの導入により、10,000台の機器と15,000のシステムを超える規模の接続に成功し、市場におけるグローバルリーダーとして、顧客に優れたサポート提供しています。ThingWorxプラットフォームに加え、当社のニーズに応える継続的なコンサルティングサービス、PTCクラウドサービス(*)によるレギュラー機能・セキュリティアップデートがあり、将来的においても安心です」と述べている。

* 現在日本では未提供。

 

【関連リンク】
パラメトリックテクノロジー(PTC / Parametric Technology Corporation)
ハイデルベルグ(Heidelberger)

Previous

チカク、孫の姿を実家のテレビに直接送る「まごチャンネル」、伊勢丹にて展示・予約販売開始

内閣府タフ・ロボティクス・チャレンジによる索状ロボット「能動スコープカメラ」、聞き取り能力の飛躍的向上により、地震災害の救助を高度化

Next