豊橋技術科学大学・マイクロソフト・ブロードバンドタワー、AI・機械学習による多言語コミュニケーションの実現に向け協働

国立大学法人豊橋技術科学大学、日本マイクロソフト株式会社、および株式会社ブロードバンドタワーは、それぞれのテクノロジーを持ち寄り、AI・機械学習による多言語コミュニケーションの実現に向け協働を開始する。

この協働では、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会において、大幅な増加が見込まれる海外からの来訪者に向けて、観光情報をはじめ、滞在中に必要となる医療、災害など、様々な言語による情報をリアルタイムに提供する翻訳サービスを、2020年までにインターネット上の様々なサービスで活用可能にすることを目指すという。

三者は、実社会における様々なシーンでのAI・機械学習の活用促進を目的に、機械学習の品質向上に必要となる様々な情報の収集やビッグデータの構築を協働で推進する。様々な業種の多くの組織の協力を得ながらビッグデータを構築し、データ収集と分析を行う事で、翻訳サービス品質の向上を図る。また、これらの成果を用いた新サービスの提供によるエコシステムを構築することで、継続的なビッグデータの構築、AI・機械学習、そしてビジネスへの展開といった取り組みを可能にし、社会インフラにおける幅広い活用を目指す。

同協働の最初の取り組みとして、ビッグデータとしての対訳コーパスデータベースの構築、および収集した対訳コーパスを活用して、高度な機械翻訳サービスを実現するとともに、実サービスへの活用を行い、多言語による高品質の情報発信、コミュニケーションの実現を図る。

 

各者の役割について

AI・機械学習において最も重要な要素であるデータには、企業における秘密、個人のプライバシーなどその収集において様々な配慮が求められる。

豊橋技術科学大学は、分野ごとの重要語句の抽出や、目的に応じたデータの分類、匿名化、非識別化により、安全なデータ活用を実現するとともに、AI・機械学習により実現されるサービス利用者との協働フレームワークの構築を行う。

日本マイクロソフトは、AI・機械学習のテクノロジーに加えて、膨大なデータの安全な管理、活用のためのクラウド基盤「Microsoft Azure」を提供する。これにより高度なAI・機械学習によるデータ活用に加えて、安全かつ、安心できる拡張性の高いサービス提供を実現する。

ブロードバンドタワーは、IoT基盤となる豊富なサービス構築に加え、AI・機械学習を活用した事業構築の為に、新会社エーアイスクエアを設立し実際の社会インフラ、ビジネスへの導入を行う。

 

AI・機械学習による高品質サービス実現の為の3つのプロセス

データ基盤の構築

AI・機械学習で求められるデータのプライバシーに配慮した安心・安全な収集により、AI・機械学習のための為データ基盤(ビッグデータ)を構築する。

サービスの構築

分野ごとに最適化された質の高いサービスの構築を最新のAI・機械学習により実現する。最初に取り組む機械翻訳においては、スポーツ、医療などそれぞれの分野、言語に最適化された質の高いリアルタイム多言語コミュニケーション基盤を構築する。

実サービスへの展開

観光情報の発信にはじまり、ソーシャルメディア、コンタクトセンターなど様々なサービスを海外来訪者に提供する。また、言語にとらわれないリアルタイム分析による新たなビジネスの開発など地域経済の活性化に貢献する。

 

【関連リンク】
豊橋技術科学大学(Toyohashi University of Technology)
マイクロソフト(Microsoft)
ブロードバンドタワー(BroadBand Tower)

Previous

NEC、本社ビルで顔認証を活用した決済サービスの実証実験を実施

洛和会ヘルスケアシステム・UBIC・フォーカスシステムズ、医療事業への人工知能の活用に向けた共同研究を開始

Next