UBICグループ、人工知能を活用した転倒・転落防止システムの結果を紹介

米ナスダックと東証マザーズに上場し、人工知能を駆使したビッグデータ解析事業を手がけるUBICと、UBICの100%子会社で人工知能を活用した医療データ解析ソリューションを提供するUBIC MEDICALは、NTT東日本関東病院との共同研究で、2015年3月より「人工知能を活用した転倒・転落防止システム」の開発を進めている。

人工知能が電子カルテ内のテキストデータを解析し、入院患者の転倒・転落の予兆を察知、患者の受傷件数を減少させることで、医療における予測困難な有害事象の防止と、医師や看護師の負担軽減、病院の安全管理への寄与を目的としている。さらに、転倒転落以外の有害事象にも応用できると考えており、今後の開発を計画している。

その研究結果を、7月15日から17日まで東京ビッグサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ2015」で、医療関係者に幅広く紹介する。

【関連リンク】
国際モダンホスピタルショウ2015
株式会社UBIC プレスリリース

Previous

NASAへ、スマート・グリッド技術を活用した深宇宙への安全な有人探査技術をバテル記念研究所が完成

Land Roverをスマートフォンで運転する

Next