IoT人気記事ランキング|ハノーバーメッセ2017レポート、ソニーグループが提供するIoTリカーリングビジネスを支援する新サービスなど [5/8-5/14]

企業:

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。 [5/8-5/14]

1位 製造業におけるデジタルエンタープライズのあり方(アクセンチュア・SAP) ーハノーバーメッセ2017 レポート2

毎年4月にドイツ、ハノーバーで開催される産業向け展示会がハノーバーメッセだ。IoTの世界では、インダストリー4.0華やかかりし昨今、その中心となるドイツ企業がどのような考え方で、どういうサービスラインナップを揃えてきているのかを中心に調査を行った。レポート第二回記事。
詳細はこちら

2位 製造業の最前線 ーハノーバメッセ2017 レポート1

ハノーバメッセ2017 レポート第1回目。
詳細はこちら

3位 ソニーグループが提供するIoTリカーリングビジネスを支援する新サービス「b-Pass」とは -ソニーネットワークコミュニケーションズ インタビュー

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社へのインタビュー記事。
詳細はこちら

4位 NEC、AI・IoTを駆使した企業と顧客との絆を強化する「NEC Customer Experience Solutions」を確立

日本電気株式会社(以下、NEC)は、最先端AI技術群”NEC the WISE”やIoTなどの先進ICTを活用し、カスタマーエクスペリエンス(Customer Experience:顧客経験価値、以下 CX)の理解を通して、企業と顧客との絆の強化を支援するソリューションを体系化し「NEC Customer Experience Solutions」として確立した。また、同体系の1つである顧客への最適なソリューション導入を支援する「CXコンサルティングサービス」を本日5月9日から販売開始した。
詳細はこちら

5位 NVIDIA、AI都市実現に向け、エッジからクラウドまで対応したMetropolisビデオ分析プラットフォームを発表

NVIDIAは、インテリジェントビデオ分析プラットフォーム「NVIDIA Metropolis」を発表した。
詳細はこちら

6位 パナソニックがNVIDIAのAI・ディープラーニングソリューションの提供を開始

NVIDIAはパナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 (以下、パナソニック) と販売代理店契約を締結し、AI・ディープラーニング ビジネスを共同で推進することに合意した。
詳細はこちら

7位 東京エレクトロン デバイス、IoT向けノンプログラミング開発クラウド「Connexon」提供開始

東京エレクトロン デバイス株式会社はIoT向けノンプログラミング開発クラウド「Connexon(コネクソン)」を開発し、5月9日からサービス利用申込みを開始した。
詳細はこちら

8位 設計・製造のデジタライゼーション(シーメンス・ダッソー・ベッコフ) ーハノーバーメッセ2017 レポート3

2017年のハノーバメッセ・レポートの3回目。
詳細はこちら

9位 マイクロソフト、Power Pointにリアルタイム翻訳機能を追加

5月10日―12日に開催されているマイクロソフト開発者向けイベントMicrosoft Build 2017にて、マイクロソフトAIとリサーチグループの代表取締役副社長であるHarry Shum氏が実験プロジェクトを進めているMicrosoft Garage によって開発されたPresentation TranslatorというPowerPoint用のアドインをデモした。
詳細はこちら

10位 クオリカ、工場向けIoTソリューション「FactoryQube」のサービス提供を開始

クオリカ株式会社は、工場向けIoTソリューション「FactoryQube」のサービス提供を5月8日より開始した。
詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

フレームワークス主催 第二回 次世代ロジスティクスオープンデータ活用コンテスト

NVIDIA、AI開発を容易にするGPU Cloudプラットフォームを発表

Next