ネットワーク・コーポレーションとアドバンテックがIoT分野での協業を発表

2015年6月1日、産業用コンピュータの分野で世界トップシェアのアドバンテックと、株式会社 ネットワーク・コーポレーションは、IoT分野におけるソリューションの販売において協業することを発表した。

本協業は、ワールドワイドなWebAccess+アライアンスへの提携が基本となっており、ビルディングオートメーションをはじめ、インダストリ4.0に対応するスマートファクトリーやスマート農業などのアプリケーションにフォーカスしたソリューションを提供する。アドバンテックのソフトウェアソリューションとして、最新のHTML5テクノロジーに対応したSCADAソフトウェアWebAccessが使用され、クラウドに連携したスマートフォンやタブレットに対応したシステム開発が提供される。アドバンテックの産業用PC「TPC/UNOシリーズ」、ネットワーク機器「EKIシリーズ」、データ計測デバイス「ADAMシリーズ」は、過酷な環境に対応するハードウェアプラットフォームとしてソリューション提供を支援する。

ビルディングオートメーションの分野で豊富な経験と実績を持つNWCのIoT向けソフトウェア・ソリューションは、様々なプラットフォームへの接続性を担保し、従来のSCADAには実現できなかったオープンネットワークシステムに対応する新しい考え方のSCADAソフトウェアWebAccessを軸に、オープンな環境を提供する。柔軟性が高く、設備投資・開発コスト・運用コストといったコスト面での競争力を優位に提供。従来の電気(DDC、PLC等)中心の制御・監視から、PC/ネットワーク等のITテクノロジーを駆使した、システム・メンテナンス・サービスの時代への変化に柔軟に対応することが可能だ。

 

本協業に関して、各社社長は以下のように述べている。

・アドバンテック株式会社 社長 マイク小池
我々のIoTマーケットに対する投資の中でも、NWC社とのアライアンスパートナーシップは、重要な意味を持ち、ダイナミックなマーケットの動きと多岐にわたる顧客ニーズに応えられると確信し、今回の提携に至りました。産業用コンピューティングの分野で豊富な実績と経験を持つ、我々のセンシングデバイスやゲートウェイ、ならびにこれらのハードウェアを活用するためのIoTソリューションを用いることで、特にIoTの強みが活かせると考えられるスマートファクトリーやスマートビルディングの分野において信頼性の高いシステム構築を実現します。

・株式会社ネットワーク・コーポレーション 代表取締役 馬越 伸太郎
アドバンテック社が提供するWebAccessで可能になる最新のWebテクノロジーによって、急速に変化するグローバリゼーションに対応し、業界をリードするIT統合システムを開発し提供します。超大型施設から中小ビルまでを網羅するネットワーク ビルディング インテリジェント システム(NBIS)だけでなく、プラントや生産工場、植物工場における豊富な自動制御の経験をもとに、お客様にとって付加価値の高いアプリケーションを提供致します。我々のソリューションを展開していくうえで、アドバンテックのグローバルな保守対応及び各種認証への対応力とネットワークのインテグレーション力、及び世界的なネットワークが活用できることは、大きなアドバンテージとなります。

■ アドバンテックについて  - インテリジェント・プラネットの実現が我々の使命 –
 台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界21カ国92都市に拠点を構えるグローバル企業。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっている。また、グローバルな物流IT市場で確固たる存在感を持つ独DLoG社や、カジノ向けゲーム機器の分野で実績のある英Innocore社をグループに取り込むなど、積極的なビジネス拡大にも取り組んでいる。
また、近年コーポレートビジョンである「インテリジェント・プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション・ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、インテル社ならびにマイクロソフト社をはじめさまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っている。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント・プラネットの実現 – が、我々Advantechの使命。
(アドバンテック株式会社 ウェブサイト http://www.advantech.co.jp)

■ ネットワーク・コーポレーションについて
1995年設立。半導体プロセス等FAの分野で先駆的役割を果たし、2003年以降は超大型ビルの自動制御で多くの実績を有する。エネルギー監視・制御をはじめとする環境制御系の海外の最先端企業と提携し、日本の風土に適したかたちで競争力と信頼性の高いオープン・システムを提供。「スピード、グローバル、変化(CHANGE)」の実行を掲げる同社は、中国大連、カナダ、フィリピンにもソフトウェア開発拠点を保有し、世界に変革をもたらす優れた製品およびシステムをコストパフォーマンス高く提供。
(株式会社ネットワーク・コーポレーション ウェブサイト http://www.netcorp.co.jp)

■ WebAccess+アライアンスについて
WebAccess+IoTソリューションアライアンスは、多様な産業にまたがる幅広いアプリケーションを網羅する専門知識、共同マーケティングの機会、そして最適なソリューションを提供。世界の84社のパートナーとともに、あらゆる業界においてより緊密なWin-Winのパートナーシップの構築を目指す。
(Advantech WebAccess+アライアンス ウェブサイトhttp://waplus.advantech.com/about.aspx)

 

・関連リンク
アドバンテック株式会社

Previous

シスコ、CC-Link協会の幹事会メンバー参画を表明

東芝とマイクロソフトがIoT分野で提携

Next