「暮らしのIoT」サービス実現を目指す企業連合「コネクティッドホーム アライアンス」に新たに47社が参加

企業:/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

「暮らしのIoT」サービスの実現を目指し、業界の垣根を越えた企業連合として設立された「コネクティッドホーム アライアンス」は、新たに47社の参加が決定したと発表した。これで、合計参加企業数は77社となる。

同アライアンスは、本年7月25日に設立された(詳細はこちら)。

発足時の参加企業には不動産やITといった業界から30社が参加していたが、今回新たに自動車、食品、メディア、そしてガスや電気などのインフラといった業界から47社が参加することとなった。

同アライアンスでは引き続き、様々な分野に「暮らしのIoT」サービスを普及させるため、業界・企業の垣根を越えた課題発見・解決、サービス開発を行う研究会を開催していく意向だが、今回の新規参加を受けて、研究会で取り扱うテーマはより多様なものになるとのことだ。

今回、新規参加となった企業は下記の関連リンクを参照。※五十音順

【関連リンク】
コネクティッドホーム アライアンス
アイホン(Aiphone)
アイロボット(iRobot)
朝日新聞(Asahi Shimbun)
伊藤忠建材(ITOCHU KENZAI)
いどむ(IDOM)
NTTデータ(NTT DATA)
大阪ガス(Osaka Gas)
小田急電鉄(OER)
オムロン(OMRON)
環境エネルギー総合研究所(EER)
キューアンドエー(Q&A)
キユーピー(Kewpie)
コスモスイニシア(COSMOS INITIA)
GMOクラウド(GMO CLOUD)
昌栄印刷(SHOEI PRINTING)
新日鉄興和(NIPPON STEEL KOWA REAL ESTATE)
SOUSEI
ソフトバンク(SoftBank)
ソフトバンク・テクノロジー(SBT)
大京(DAIKYO)
大和ハウス工業(DAIWA HOUSE INDUSTRY)
中部電力(CHUBU Electric Power)
東急エージェンシー(TOKYU AGENCY)
東京海上日動(TOKIO MARINE NICHIDO)
東京建物(Tokyo Tatemono)
トートー(TOTO)
東北電力(Tohoku-Electric Power)
凸版印刷(TOPPAN)
トランスコスモス(transcosmos)
トヨタ(TOYOTA)
トヨタファイナンス(TF)
トヨタホーム(THC)
ニチベイ(NICHIBEI)
日産(NISSAN)
日本経済広告社(ADEX)
日本政策投資銀行(DBJ)
日本電気(NEC)
日本PCサービス(Japan PC Service)
野村不動産(Nomura Real Estate Development)
パナホーム(PanaHome)
ホンダ(HONDA)
みずほフィナンシャルグループ(MHFG)
三井住友信託銀行(Sumitomo Mitsui Trust Bank)
三菱電機(Mitsubishi Electric)
三菱UFJリース(Mitsubishi UFJ Lease)
明和地所(MEIWA ESTATE)
ワイ・ケイ・ケイ エイ・ピー(YKK AP)

Previous

CARTIVATOR、豊田市・富士通・テックショップジャパンの支援で愛知、東京に「空飛ぶクルマ」開発拠点を設置

ソニービジネスソリューションとエアロセンス、有線給電方式のドローンを用いたライブ撮影システムを構築

Next